鎌田和彦の名言|10年先の目標から逆算するやり方は現実的ではない

将来の展望に、何があっても揺るがないだけの確固たる信念を持っている人は別ですが、そうでない限りは10年先に目標を置き、そこから逆算で時系列的にやることを決めるような生き方や仕事のやり方は現実的ではないと思うんです。むしろ人生というはゴルフコースでは、最初からホール一点に狙いを定めるより、およそこっちの方向という程度の感覚でクラブを振るほうがいいのではないでしょうか。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

夢現力と試行力。夢を持ち、現実にするためにどんなことにも挑戦していく。それが私の基本スタイル。

私はあまり怒ったりすることはありません。但し、どうしても人に伝えなくてはいけないときには動きます。「サンドイッチの法則」と呼ぶ方法を使って伝えています。サンドイッチはパンとパンの間に具が挟まっています。「こうやってはいけない」とか「こうしたほうがいい」というアドバイスはストレートに伝えても、感情的には素直に受けいれてくれないものです。そこで、最初に「よくやってくれているね」という労いの言葉などをパンとしてもっていきます。その後「こうすべきだ」と伝えたい中身を話します。そして最後に「でも大変だけど、いつもよくやっているね」とまたパンを出して、サンドイッチにして話をします。最初と最後に褒められたり、認められたりしていますので、たいていの人はそのこと自体はうれしいと思ってくれます。すると、素直な気持ちになり、指摘された部分も受け入れて「やってみよう」と頑張ってくれます。

起業家として、私にとって最も重要な仕事のひとつは、聞き心地の良い意見と、耳障りな意見の両方に対して、ドアを開けておくことだ。

テレビはチャンネルを変えられても、一定の確率で視聴者が戻ってくる。対するネット動画は、「つまらない」と思われた瞬間に視聴者が離れ、戻ってきません。

現在、企業間の関係は複雑化しています。ある分野での顧客やパートナーでも、別の分野ではライバルになるということはよくあることです。

もし雑談が上手になりたいのであれば、まずは自分と相手の経験を重ね合わせることを意識することです。そうすれば徐々に話題が相手にヒットすることも増えて、アプローチするのが苦ではなくなっていくはずです。

50代になって、同世代を見渡すと、自分よりもお金を持っている人はまわりにたくさんいる。でも、高級車を何台も持っているとか、ブランドの腕時計を何本も持っているとか、そういうところにしかお金を使えないお金持ちからは、何の魅力も感じられない。お金の使い方というのは、魅力ある人生を送るための知恵なんだ。尊敬されている経営者を見てごらん。松下幸之助にしても、本田宗一郎にしても、私腹を肥やすようなお金の使い方はしなかった。だからこそ、人生も輝いて見えるんだよ。

どんな分野にも問題はつきものである。それなら、避けられないものにどう対処すべきか知っておいたほうがよい。

老人はリタイアすればいい、という今の考え方では日本は行き詰まってしまう。

最近、経営を表す造語で「四方よし」と言っています。近江商人は売り手、買い手、世間の「三方よし」ですが、私達はお客様、従業員、社会がよくなって初めて、会社が安定的持続的に成長するという「四方よし」なのです。

ページの先頭へ