鎌田和彦の名言|目標の前提条件が変化することを頭に入れておく重要性

先を見ようとする努力や、何年後にはこうなっていたいというビジョンを持つことは、もちろん大切だと思います。「もっと世の中に価値あるものを提供したい」とか「財務諸表以外の部分でも会社の体力を高めたい」といった抽象度の高い目標なら僕にもあります。ですが、あまり具体的なことを決めても、ときが経てばビジネス環境も、自分自身の実力も変化します。そうしたら、やりたいことも、やれる範囲も変わってくるでしょう。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

子会社の社長になるとき、元上司に「リーダーの心得は『人は力なり』だよ」と言われました。当時は「そういうものかな」と思って聞いていましたが、状況が身に染みるにつれて「会社の立て直しは、自分ひとりが頑張ってどうにかなる話ではない」ということが見えて、「ああ、人は力なり、とはこういう意味か」と腑に落ちました。

私の苦労は宿命のようだった。時代も違っていた。私は自分が過去にやってきたことをいまの人たちに強制しようという気持ちはさらさらない。ただ苦労に明け暮れたころがいまとなってみると限りなく楽しい思い出となっているのである。

お金を貯められる人、貯められない人を分けるポイントは、お金のコントロール力、つまり普段のお金と正しく付き合う力です。この力があれば、収入が少なくても貯金は可能です。

世の役に立つものであれば、利益が出るようになるはず。

「部下に任せておけないから、代わりに自分が挽回する」という発想は捨ててください。短期の成果だけに拘泥せず、地道に部下を育てる。部下の成長が、あなたの成長につながります。

成功した起業家の多くは、未来に向けて投資をしています。自らの価値を高め、社会に大きく貢献できれば、お金は後からついてくるはずだと考え、当座の赤字には目をつぶるのです。また、多少ずぼらでも、未来を見通して戦略を打ち出せることも、「稼げる脳」の持ち主に共通する点です。

短期的にリストラして業績を上げるのは簡単。雇用を守って、投資もして、その上できちんと利益を上げるのがプロの経営者。

人間が土から生まれて土に帰るように、万物は不滅であり循環還元する輪廻の法則に従って間断なく活動しているもので、その大きな流れには人力ではいかんとも抗することができない。

ジブリでいつも作業が始まる前に、掃除をしてくれるおじいさんとおばあちゃんがいるんですけど、たぶん一番丁寧なあいさつをするのは鈴木(敏夫)さんと僕です。本当によくやってくれるもんねえ。「どうもありがとうございます。おはようございます」って言うと、向こうも「おはようございます」って。ほんとそうなんですよ。だから、その前を、ボソーッとした顔して耳栓なんかして音楽なんか聴いてるやつが通るとね、蹴飛ばしたくなるんですよ。お前たちの国は滅びるぞってね。

私はオーナーではないため、オーナー、つまり創業者のDNAをそのまま継承することを常に考えて経営をしてきました。

毎週金曜日に秘書室長も交えて翌週の打ち合わせをし、日曜の午後に自宅で手帳を眺めながら次の一週間の予定をもう一度頭に入れるのが習慣になっています。家族には「休みなのに仕事の顔になっている」と叱られますが、こればかりは仕方がない。平日は分刻みのスケジュールなので、その場でいちいち次の予定を確認する暇はありません。だから前もって予定を頭に入れておくのです。

飛行機をつくりたいと入社したのに、計数課にまわされ、はじめはガッカリしたんですけれど、書類やモノの流れなど、会社の全体像がよく分かったので、後から考えると最初に計数課に配属されてよかったと思います。

「健康」はスポーツとは別のものなんだという認識が大半を占めているように感じる。しかし、この2つを「健康スポーツ」という一括りの言葉にすべき。健康とスポーツは別物ではない。厳密に言えば、競技は「競技スポーツ」、そして健康に資する運動は「健康スポーツ」と捉えるべきなのではないでしょうか。

ページの先頭へ