鎌田和彦の名言|目標の前提条件が変化することを頭に入れておく重要性

先を見ようとする努力や、何年後にはこうなっていたいというビジョンを持つことは、もちろん大切だと思います。「もっと世の中に価値あるものを提供したい」とか「財務諸表以外の部分でも会社の体力を高めたい」といった抽象度の高い目標なら僕にもあります。ですが、あまり具体的なことを決めても、ときが経てばビジネス環境も、自分自身の実力も変化します。そうしたら、やりたいことも、やれる範囲も変わってくるでしょう。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者、プロデューサーとして組織の構築などが重要な役割となったいまでも、私はコンテンツの創作活動を続けています。

津谷祐司の名言・格言|経営者となっても第一線の仕事をする


実は素晴らしい知識や経験を持っているのに、自分自身がそれに気づいていない人は少なくありません。SNSを使うことで、そうした面がネット上で評価され、自分では気づかなかった長所を発見することもあり得ます。

中嶋茂夫の名言|SNSで自分では気づかなかった長所を発見することもあり得る


日本企業が利益成長のために取り組むべきことは、自社らしさを突き詰めていくこと。

スコット・キャロンの名言|取り組むべきことは、自社らしさを突き詰めていくこと


人間は自分に関心を持ってくれる人に胸襟を開く。

出口治明の名言|人間は自分に関心を持ってくれる人に胸襟を開く。


いったん制度の導入を決めたら、トップの言行不一致はタブーだ。例えば、会議に電話で参加している人がいたとする。そこで、私が「何であいつはここにいないんだ」と言った瞬間に、それまで進めてきた風土改革の努力はすべてが台なしになってしまうだろう。「何だ、口で言っているだけではないか、本気ではないのだ」と社員たちに思われて終わってしまう。

桐山一憲の名言|社内制度を変えたらトップが自ら実践する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ