鎌田和彦の名言|目標の前提条件が変化することを頭に入れておく重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

先を見ようとする努力や、何年後にはこうなっていたいというビジョンを持つことは、もちろん大切だと思います。「もっと世の中に価値あるものを提供したい」とか「財務諸表以外の部分でも会社の体力を高めたい」といった抽象度の高い目標なら僕にもあります。ですが、あまり具体的なことを決めても、ときが経てばビジネス環境も、自分自身の実力も変化します。そうしたら、やりたいことも、やれる範囲も変わってくるでしょう。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々の業界には、一世を風靡して脚光浴びて、ぱっと散ってしまうベンチャー経営者もたくさんいます。困難を乗り越えていくには本当の底力を身につけなければいけません。小さい段差を何回も乗り越えて勝ちグセを身につけること、成功体験を積むことが必要です。

こちらの条件を、どれだけ多く相手にのませるか。交渉をまるで勝負事のように考える人が少なくありません。「絶対に勝つ」という考え方を改めることが、交渉を成功させる第一歩。

明治製菓と明治乳業の統合によって、やりたいこと、やれることの可能性がどんどん膨らんでいく感じがしています。そのためのインフラ整備、基盤強化ができました。

自分で希望したからには言い訳ができませんから、成果を出そうとする意欲も当然高くなる。

いろいろなことが耳に入ってくるわけですが、それが真の情報なのか、単なるノイズなのか。それを判断するのは受ける方の感性の問題になってくる。

人の魅力は、顔や容姿だけでは決まらない。前向きな気持ち、立ち振る舞い、姿勢、笑顔、そして苦労した経験もまた、魅力を増す要素の1つ。あらゆることが関係するんです。

質問は具体的であるほど、相手が答えやすくなります。「質問はできるだけ具体的に」というのは、会話を続けるテクニックとして知っておくといいですよ。

ページの先頭へ