鎌田和彦の名言|カーナビのようにはいかないのが人生

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんど行き当たりばったりです。遠い先に自分はこうなるんだという明確な目標を置いて、そこに到達するための道筋を細かく設定する。そんなカーナビのようにはいかないのが、人生ですから。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

東京モーターショーにスーパーカーを初出展させようという話が出たとき、僕は単身、東京で市場調査をしていました。しかも、経費削減のために、出店予定地のビルで2か月ほど寝袋生活です。だいぶ時間がたって東京モーターショーへのプロジェクトについて知りました。「デザイナーとして採用されたはずなのに……」と、さすがに頭にきまして。勝手にデザインを書きなぐり上司に送り付けました。

会長時代の私には権限はありませんでした。実務の権限は社長に集中しています。会長が社長と同じ仕事をしたら駄目です。

あらかじめ進歩が組み込まれた文化であるということ。これが科学の特徴です。他方、文学や芸術や音楽には時代ごとの変化はありますが、これは必ずしも進化とはいえません。現代のビジネスマンは伝統から学ぶ芸術家ではなく、常にイノベーションやブレイクスルーを追い求める科学者のようでなければなりません。

米国のシンクタンクで働いていた時代、こんな言葉を聞きました。「Personality is the best strategy」。つまり人柄、人間力が最高の戦略というのです。これは世界共通の心理。

最初から話すことが得意な人なんていないんじゃないでしょうか。話すのが苦手という事実を受け入れて、もっと上手くなりたいと思える人は、きっと話し方のスキルも磨いていけるはずです。

自分のことをちゃんと見てくれていると思わなければ、社員は働かない。

何より大切にしてきたのが客数を増やすことです。新東工業は創業以来、原材料に形を与える素形材産業の企業として歩んできました。現在、海外11カ国に現地法人24社を展開し、売り上げの46%を海外で稼ぎ出すグローバル企業なのですが、すべての地域でこの方針に基づき、事業展開しています。

ページの先頭へ