鎌田和彦の名言|カーナビのようにはいかないのが人生

ほとんど行き当たりばったりです。遠い先に自分はこうなるんだという明確な目標を置いて、そこに到達するための道筋を細かく設定する。そんなカーナビのようにはいかないのが、人生ですから。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

タイムスケジュールを作成するときに注意すべきは、自分の能力を過信し、仕事を詰め込みすぎないこと。不測の事態が起こることも考え、少し余裕を持った計画を立てたほうがいいでしょう。

一川誠の名言|不測の事態が起こることも考え、少し余裕を持った計画を立てる


付加価値を生んでいかない限り、人件費も電気代も高い日本で、ビジネスはできない。

家次恒の名言|付加価値を生んでいかない限り、人件費も電気代も高い日本で、ビジネスはできない。


私はよく管理職を対象に研修を行いますが、そのたびに感じるのは、彼らが「話しかけられるのを待っている」ということです。プレイングマネジャーが増えている現在、多忙な上司は部下をよく知る時間の余裕を持てません。しかも、セクハラやパワハラなどが問題になることも多く、過剰に敏感になってしまい、うかつに部下に声をかけられず悩む上司も増えています。つまり話しかけてくれる部下は、上司にとってありがたい存在なのです。

前川孝雄の名言|話しかけてくれる部下は、上司にとってありがたい存在


文系の人間は、技術をお金で買えると思っている節があるが、そうではない。技術は人の頭の中にある。人材流出がどれだけ技術力の低下を招くか、経営陣はよく考えるべきだ。

立石泰則の名言|人材流出がどれだけ技術力の低下を招くか、経営陣はよく考えるべき


先のことは考えていません。一戦一戦チームの勝利に貢献するということ以外は考えていないですね。明日にどうつなげるかですね。

ダルビッシュ有の名言|一戦一戦チームの勝利に貢献するということ以外は考えていない


社員を幸せにすることが社長の一番の使命。

山下孝一の名言|社員を幸せにすることが社長の一番の使命


大東亜戦争当時の日本軍の組織的構造や日本人特有の思考は、現代も変わっていない。失敗の本質を理解しなければ、日本企業がこの低迷から脱することはないだろう。

鈴木博毅の名言|失敗の本質を理解しなければ、日本企業がこの低迷から脱することはない


数年前に日本で流行った「ハーバード白熱教室」では、サンデル教授は正解のない問題を学生たちに投げかけて議論をさせました。一方、日本の教育にはディスカッションがない。本当はディスカッションの中から創造力がつくられるのに、日本では答えはひとつだと教えるから、むしろ議論はしちゃいけなくなっている。

田原総一朗の名言|ディスカッションの中から創造力がつくられる


どんな職業でも、いろんな経験をして、地獄の底を見ること。難局の最たるものは何なのか、その先にある破局までを実際に目で確かめるという経験は重要だと思います。

南淵明宏の名言|どん底を知ることの重要性


リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。

中條高徳の名言|リーダーがいつも平然としていなければいけない理由


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ