中谷彰宏の名言|「結果」ではなく「原因」を直す

部下が目標を達成できないと、「お前ダメじゃないか」というように、上司はついその「結果」ばかりを叱ってしまいます。しかし、結果に対して上司が何を言っても、結果が良くなるわけではありません。スポーツ選手の成績が悪かったとき、優れたコーチは悪い「成績=結果」をつくった「フォーム=原因」を直そうとします。それは仕事でも同じです。できる上司は「結果」ではなく、それを引き起こした「原因」を叱るのです。

中谷彰宏 の経歴

中谷彰宏、なかたに・あきひろ。日本のビジネス作家、小説家。大阪出身。早稲田大学第一文学部演劇科卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。CMプランナーを経て独立し、中谷彰宏事務所を開設。俳優などとしても活動した。ベストセラー書籍『面接の達人シリーズ』などをはじめ、ビジネス書、一般書、小説など様々なジャンルの書籍を執筆した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまの若い人は、親にもあまり叱られたことがないでしょ。でも私は容赦しない。叱るときはしっかり叱る。それで、めげるようでは芽がない。悔しがって、見返してやろうと思うくらいじゃないと、世界を相手にしたビジネスはできないのです。
【覚書き|学生を厳しく叱る理由について語った言葉】

伊藤美恵の名言|悔しがって、見返してやろうと思うくらいじゃないと、世界を相手にしたビジネスはできない


経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。

家本賢太郎の名言|叱るときは相手が間違いを気づくように


私の教育は「叱って育てる」スタイルです。部下にメールを送るときも、褒めるよりも叱るケースが圧倒的に多いです。しかし、叱られるのは、その人が積極的にチャレンジしている証拠です。社内では「社長に叱られるほど偉い」というイメージが出来上がっています。

永守重信の名言・格言|積極的にチャレンジしている人を叱る


やはり人間は叱るだけではダメで、褒めることもしないといけません。

野田一夫の名言|人間は叱るだけではダメ


叱るときは遠回しな言い方をしないようにしています。駆け引きをするのは嫌ですし、回りくどいと、間違って伝わることもありますから。ただ、多少のフォローはしますよ。あとでネチネチ言わずに、その場で終わらせますし、叱ったあとはそのまま終わらずに、最後にちょっと笑いを入れたりします。

前澤友作の名言|叱るときは遠回しな言い方をしない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ