大前研一の名言|ほんの数人が駆けるだけで変化は起きてくる

明治維新のときでも、国民の1%も参加していません。国民全部が動く革命なんて存在しない。激しい革命の中を全速力で走り抜けた人間だけが勝ちます。ほんの数人が駆け抜けるだけで必ず変化というのは起きてくる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

夢ばかり語っても会社は成立しませんから、足元ではきちんとお金を稼ぐ必要がある。

マーケティングは時代とともに進化を続けています。とくに、マーケティングの中における「ブランド」の位置づけは激変したと言っていいでしょう。私が『マーケティング・マネジメント』という教科書の第一版を書いたのは1967年のことですが、そのときにブランド論に割いたのはたったの2ページでした。「ブランドとは何か」について定義しただけです。正直なところ、ブランドが今日のように重要な要素になるとは想像すらしていませんでした。

問題突破のオプションを考え出す方法は、失敗原因を突き止めることです。手っ取り早く他人の成功に学ぶというやり方もないわけではありませんが、仕事における成功は、ときの運に左右される要素が多分に含まれており、究極の成功要因が特定しづらいことが多いのです。一方、失敗は、きちんと分析すればかなり正確に原因が特定できます。

会議や打ち合わせの場で、「つまり……」「結局……」で始まる「まとめ言葉」を連発するのは、中年特有の会話癖です。その背景には、会話はキャッチボールであるという鉄則を無視した忍耐力の欠如と、会話の内容自体を把握できない自信のなさが、潜んでいるように思います。

僕は人事部長のときに、新入社員に必ず言っていたんです。「この会社が自分に合わないとわかったら、早く決めなさい。3年以内に決めなさい」と。「ダメなら辞めて、次の会社を探しなさい。30歳前なら転職ができるけど、30歳過ぎたらフリーターだから」と。

脇目も振らずこの道一筋、というのも立派なことだと思いますが、興味の赴くままにたくさんの「わらじ」を履いてみるというのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

ダボス会議などの国際会議に出るようになって、接したことのない分野の人と話す。つまり、仕事で使わない英語に触れたことで語彙や表現の幅が広がった。

立場が変わっても、これまで開発の現場に近いところに居続けることができました。いまもよく研究現場へ顔を出します。

義理人情を持っているのは、何も日本人だけではありません。多少の文化の違いこそあれ、人間の本質は皆同じです。海外でも現地で出会った人々に何度も助けられました。

過去百年続いてきた会社だから、次の百年も安泰というわけではありません。むしろ全く逆です。過去の成功体験にとらわれずに、新しいパナソニックをつくるにはどうすればいいか。ここを考えることで、社員のやりがいにもつながると思います。

ページの先頭へ