大前研一の名言|ほんの数人が駆けるだけで変化は起きてくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

明治維新のときでも、国民の1%も参加していません。国民全部が動く革命なんて存在しない。激しい革命の中を全速力で走り抜けた人間だけが勝ちます。ほんの数人が駆け抜けるだけで必ず変化というのは起きてくる。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中古ピアノ販売が成功したのは、ほかの誰もやらないことをやったからです。すでに多くの楽器店が参入していた新品ピアノのビジネスは、誰でも参入できるくらいだから勝算は高いかもしれませんが、そこで競争優位性を確立することは難しい。儲けの薄い商売になるのは目に見えています。あるいはそこそこ成功できたとしても、従来の土壌で勝負している限り、いつか競争優位性は失われていきます。

私の成功や失敗に、最終的に責任を持つのは私だ。

「出来る人」と「出来ない人」の差を生む一つの要因として、「仕事の全体像を把握したうえで仕事ができているか」ということが大いに関係している。

表現としての数字を使う力を磨くために私が勧めているのは、「スポーツ新聞を読むこと」です。スポーツ新聞には、表現としての数字が詰まっています。私は関西出身なので『デイリースポーツ』を愛読していますが、この新聞には、阪神が負けた翌日でも、『福原153km!」「金本意地の4安打2打点」などと、阪神ファンにとってのポジティブな表現が並びます。投手陣がボコボコに打たれ、2ケタ失点の完敗のゲームでも、明るい材料の数字を見出しにもってくる。まさに数字をうまく使うことで、意図的に読み手を喜ばせる紙面をつくっているわけです。表現としての数字力を磨くには、大いに参考になるはずです。

今の時代は、エリアの情報を的確に共有したほうが有利。今や世の中の「際(きわ)」がなくなってきているからです。政治も経済も、産業界の川上から川下という基本構造も、あらゆる分野で際がなくなっています。例えば、鉄道会社が駅ナカや駅チカなどの新業態を開発して参入しています。したがって、際のない時代への対処の一つとして、地域に密着し徹底したエリア情報を生かしていくべきという考え方です。

串カツ田中の店は、味、価格、衛生管理、スタッフの元気などの特徴がいくつも層になっています。

日本人は、文化的に「阿吽の呼吸で言葉の定義を曖昧にしたままでも話が通じる」と思っていることが多いのではないでしょうか。私もかつてはそうでしたが、欧米のエグゼクティブがよく「この言葉はこういう意味だよね?」と確認しているのを聞いて、言葉の定義を確認することの重要性に気づきました。

ページの先頭へ