大前研一の名言|アドバイザーが多いと意見調整に時間がかかる

リーダーは1人のアドバイザーがいればおよそ間違いのない意思決定ができます。3人のアドバイザーが出てくると、意見調整の時間の方が構想を練る時間より長くなります。いままでの政治家はだいたいそれで失敗しています。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

話が面白い人と面白くない人を分けるポイントは、ネタか視点の角度かタイミングです。

どこの会社も、「評価制度は公平」とうたっていますが、そんなことはあり得ません。上司も人間です。彼らの選り好み評価が介入する余地がある以上、「完全な公平」は実現しないのです。

人は、やりたいことについては「できるかな」と考えますが、やるべきと決めていることには「どうすれば実現できるか」を考えるもの。使命に向かい、目標を具体化できれば、次にすべき行動がおのずと見えてきます。

私自身が新政酒造の一番のファンです。ビジネスと思えば失敗が怖くて躊躇し、業界の常識も邪魔をする。でもファンなら「こんな酒が欲しい」「こうしたらどうなる」という心理なので、発想の幅が広がる。ファンサービスと捉え、それをひたすら具現化しているだけ。

ノウハウがあるほど、この人はこういうタイプだと決めつけ、提案したくなってしまう。しかし、家はその人の個性の塊なので、型に当てはめるものではありません。

好きなものだけで書いています。いやだと思うものは何ひとつ入れません。本でも映画でも人の話でも、いいなと思ったものはぜんぶ覚えていて、それがうまくつながっていってお話になるんだと思います。ただ、気をつけなければいけないのは、好きなものを並べただけではドラマにならないということ。それらのものが有機的に結びついていかないと、カタログみたいになってしまうんです。

人工知能がどんどん賢くなると同時に、人間もどんどん賢くならなければなりません。生涯教育がますます重要となります。

「何のために儲けるのか」を今一度考えて、事業を展開することが、企業が永続するためにも必要。

会社は会社の信用、内部の信頼、どちらが欠けても成り立たない。

全然成功したなんて思っていないし、まだまだ全然やれてないという意識しかない。

ページの先頭へ