大前研一の名言|アドバイザーが多いと意見調整に時間がかかる

リーダーは1人のアドバイザーがいればおよそ間違いのない意思決定ができます。3人のアドバイザーが出てくると、意見調整の時間の方が構想を練る時間より長くなります。いままでの政治家はだいたいそれで失敗しています。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

常に追いかけられ、今そこにある脅威だけに対応するようになると、人間は疲れちゃうから、組織がダメになってしまう。

宮永俊一の名言|常に追いかけられ、今そこにある脅威だけに対応するようになると、人間は疲れちゃうから、組織がダメになってしまう。


私は機会があると、社員に「恵まれた不幸せ」「恵まれなかった幸せ」という話をします。なぜ恵まれないことが幸せなのか。それは将来への不安が努力につながるからです。

矢野博丈の名言|恵まれなかったことは幸せ


この数年でグッチは危機を乗り越えました。それも単に危機に対処できただけでなく、我々のブランドの歴史や伝統、ストーリーを消費者に伝えることができました。そこに私は大きな満足感を覚えています。

パトリツィオ・ディ・マルコの名言|危機を乗り越えるだけでなく、歴史や伝統、ストーリーを消費者に伝える


僕が『男はつらいよ』に出演する際は、前日に撮影現場に入って、明くる日、出番をワンシーン撮り終えたらすぐに帰るのがつねでした。帰り際、渥美(清)さんに挨拶にいくと、「おっ、笹野ちゃん、もう帰っちゃうの?いいねえ、美味しいところだけをサッともっていってスッと帰る。俺も本当はそうなりたかったなぁ」なんておっしゃる。そこには、国民的な映画を背負い続けた渥美さんの本音が、幾分か含まれていたのかもしれません。僕はその言葉を聞いたとき、「そこまでおっしゃってくださるのなら、徹底してやろう!」と誓ったのです。それ以来、僕は自ら「ワンシーン役者」を標傍し、それを誇りとするようになりました。

笹野高史の名言|自分の持ち味を明確にすることの大切さ


私はつれづね利己ではなく「利他」が重要だといっていますが、簡単に妥協してしまう人は利己的な人が多い。残念ながら、日本企業のリーダーにはこのことを自覚できている人が大変に少ないと思います。

稲盛和夫の名言|利己よりも利他


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ