大前研一の名言|アドバイザーが多いと意見調整に時間がかかる

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーは1人のアドバイザーがいればおよそ間違いのない意思決定ができます。3人のアドバイザーが出てくると、意見調整の時間の方が構想を練る時間より長くなります。いままでの政治家はだいたいそれで失敗しています。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ある国が自分たちだけを守れればいいと保護主義を取ることは、世界レベルでの紛争を巻き起こす火種にしかならない。

ノートに情報を書きだす利点は、頭のなかで考えていること、つまり僕の脳みそを可視化させることによって、思考を整理できるんですね。

人の苦労なんて、いくら聞かされたって成長しません。自分で苦労しなさい。

出世街道から外れた、得意な仕事じゃないなどと余計なことを考えずに、与えられた仕事をしっかり受け止めていけば、40代でも、20代のころと同じように成長できるのではないかと思います。

たとえば、市民からの抗議を受ける場面。そのときは昔クレーム処理を担当していた友達との会話で「とにかく丁寧に言うしかないんだよ」と聞いた話を取り出す。そのくり返し。30年間の引き出しへの蓄積が役者としての財産ですからね。

漫然とパソコン画面に向かって検索を続けていても、良い仮説につながる情報を集めることは難しい。優れた仮説を生み出せるか否かは、月並みではあるが、どれだけ人と会うかにかかっている。「足で稼ぐ」ことの大切さはいまも昔も変わらない。

一般的にインド人のマインドからすると社長は雲の上のヒトとも思われていますが、社長も同じ人間です。密にコミュニケーションをとり、全体が把握できているということで健全な組織が出来上がります。インタラクション+リコグニションです。

ページの先頭へ