大前研一の名言|変人、大いに結構。

このエントリーをはてなブックマークに追加

変人、大いに結構。坂本龍馬や勝海舟なんて超変人だったんですから。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やるべきなのは、「絶対にやらなければいけない仕事」と「無駄な仕事」の区別について、周囲の合意を取り付けること。

これまでどおり自分以外の働きに期待し続け、誰かが動けば問題は解決すると考えている限り、私たちは自分たちの目的を達成してその成果を手にすることはできない。

花形部署であれば、その事業のいいところを盗む。お荷物部署ならば、会社を自分の会社に見立てて色々実験する。私はアマゾンでそれをやりました。私はアマゾンでの経験を生かし、現在は出版コンサルタント業でさらに飛躍をしています。

僕や現社長の考えだけではなく、社員全体のアイデアで会社が動いています。私も、現社長も、リーダーというよりは指揮者に近いかもしれない。リーダーの会社ではなく、みんなの会社だと思っています。

社会の仕組みはそう簡単には変わらない。多くの人が勤め人なのは、企業の中で働いていたほうが、有利なことがたくさんあるからだ。「自分なら成功できる」といった甘い考えは捨てるべきだ。

起業家が100億円事業規模を思い描けていないのに、事業が勝手に100億円の規模に大きくなり得ない。つまり、起業家の社会的活動を支えている世界観が、より地球規模で広く大きい方が、顧客の方からも、取引先の方からも、いずれの社会からも期待される規模が大きくなる。世界中の、70億人の人類全員が欲しくなり、購入可能な商品サービスなのか、それとも世界に数十人しかいない顧客を相手にした事業なのか。何人の顧客に商品サービスを購入してもらおうとイメージが出来ているかが重要。

技術部長としてサーボモーターやインバーターを手掛ける部門に異動したとき、データで事業の全体像を示し、業務の改善や収益性、開発の優先順位を詰めていきました。それで説明できない事業は廃止したり、テコ入れしたりする。部下から「暴れん坊将軍が来た」と言われましたが、反乱が起きなかったのは納得感があったからでしょう。

ページの先頭へ