大前研一の名言|変人、大いに結構。

変人、大いに結構。坂本龍馬や勝海舟なんて超変人だったんですから。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

燃えていない人間は部下と話していても全然迫力がない。そんなミドルはいらない。

いくら高邁な理念を唱えても、唱えているだけで実現できるほど甘いものではありません。そこには、何らかの工夫が必要。私はその工夫を、経営者としての私個人と組織、それぞれにおいて仕組み化しています。

お勧めしたいのが、夜寝る前に「その日あった良かったこと」を3つ書き出す習慣をつけることです。これも、「取引先とのアポに遅れなかった」「カフェで飲んだコーヒーが美味しかった」など、ささやかなことでかまいません。こうして一日を終えれば、翌朝も気分よく出社することができます。それに、この習慣は、悪いことばかりに目を向けず、良いことに目を向けるトレーニングにもなります。褒めるのが苦手だった人も、自然と部下の良いところを見つけられるようになるはずです。

リサーチ専門部門がないと、やるべきリサーチをやらずにパスしてしまう。コンセプト、パッケージ、試作品、広告コピーなどなど、新商品が導入されるまでに多くのリサーチが行われるが、時間がない費用がないという理由でいくつかのリサーチをなしですますことが起こる。

マネジメントの勉強なんてしていませんよ。しいて挙げれば、僕が頼りないのがよかったんじゃないかな。周りがフォローしようと頑張ってくれるからね(笑)。僕はチームの方向を示すだけで、あとはスタッフが現場で具体化してくれます。でも、それで結果が出なかったら、その人を採用した僕にすべての責任があります。

4、5歳から漫画を描いてきて、50年以上ずっと「もっと上手くなりたい」と思ってやってきた。

メジャーから来た選手はたいがい「自分はメジャーリーガー。自分のプレーを変える必要はない」と考えていて、来日後もそのプライドを捨てられない。それで、結果を出せずに帰国する選手は多いと思います。私も来日して最初の数か月間は、全然ダメでした。外角攻めを受け、得意なインコースにはボール球しか来ない。でも、それに対応せずに自分のスタイルを貫こうとしていたのです。そんなとき、当時のヤクルトの若松勉監督がアドバイスをくれたんです。「ラミちゃん、日本で成功したいと思ったら、強引にレフトに打つのではなく、センターやライト方向に打つことを心がけないとダメだよ」って。それを聞き入れて修正したら、打率が上がり、ホームランも打てるようになりました。

時計や計算機など20世紀の遺産だけで食っていてはいけない。

「仕事を通じてカッコいい人になろう」と言われると、サボっている人、ミスを誤魔化そうとする人、同僚が困っているのを見捨てて自分の仕事だけやろうとする人は、ドキッとするはずです。そして、自分の行動を改めようとするでしょう。

人がやっていない新しい仕事に挑戦することは大切です。しかし、挑戦ばかりしていても経験はストーリーになりません。折に触れて自らの業務経験を振り返り、それをひとつのストーリーとしてまとめることが重要です。それは「いろんな仕事をしてきたけれど、結局、自分の人生で追求したかったこと、大切にしてきたことは何か」ということを見出す作業です。私も大学に勤める研究者として、自分のこれまでの研究を振り返る時間を意識的につくるようにしています。

ページの先頭へ