大前研一の名言|自分の適性を知る重要性

私は政治家には向いていません。なぜなら政治家は有権者に「なるほど、この人だったら安心して任せられる」と思ってもらうことが大事で、私はどちらかというと「こういうふうにすべきだ」とプランを練るのが得意な政策立案者なのです。だからこそ、有権者との間にクッションが要る。自分は政治家には適任ではないと気づいて、さっさと足を洗いました。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

強者の戦略というのは、「守り」の戦略ということに他ならない。したがって、「守り」のつらさというのがこれに伴う。常に新商品を出していかなければならないことである。強者はいつも商品力というものを変えていかなければならない。強い商品力を持ち続けていかなければ、その地位は維持できない。

社会に出るということは、今までの自分とは違うステージで、今まで知らなかった自分を実現できるチャンス。新しい自分を発見できる、可能性にチャレンジできるチャンスだと考えて欲しい。

企業はいまだに賞罰といった外発的な動機づけだけで社員を動かそうとしています。常に優先すべきは心の利益です。それこそが不安や恐怖を振り払い、心から燃えてくる内発的なやる気の源となるのです。

書店には健康長寿の教え・秘訣などが書かれた本が非常に多く置かれている。本によって肉は食べないほうがよい、いや食べなければいけないなど相反する教えもあるが、共通して言えることは「過食は良くない」ということだと思う。また、これらの本には食べること以外に運動やメンタルのことが当然書かれている。いずれの本にも歩くことの良さが強調され、また笑顔が健康に良いと綴られている。私もこれらの本で学び健康で長寿を目指したいと思っている。

スターツというのは、お客様が必要とする事業を提供しながら、社員が力を発揮できる会社をつくっていこうという形、すなわち足し算で成長してきました。その過程で多くのつながりが生まれ、幾重にもネットワークが形成されてきています。それらを結び付けているのは、仕組みももちろんありますが、やはり、想いであり、心です。

いまの時代、最終的な結論が出るまで何もしないでいたら、環境の変化、顧客のニーズの変化、技術の進歩などなど、めまぐるしく変化する不確実性の高い時代には、動きながら考え、一度始めたことでも間違っていると思ったら、いつでも変えていいし、止めるのもひとつの選択肢です。とくに現場は生き物ですから、朝と夕方では状況が変わっていることもあります。こうした状況下では朝令暮改も必要です。

実社会で、自分の失敗や甘さに気づいて体で覚える体験を繰り返さないと、力はつかない。

心理学では、何かを指し示したり、身振り手振りをしたりといったサインを送ることが有効だとされています。それは確かにそのとおりなのですが、同じくらい大切なことがあります。それは、「何もしないこと」です。私が研究している落語の世界では、たとえば扇子を箸に見立てて蕎麦を食べる、といった身振りがよく使われます。この身振りが伝わるのは、それまで動かずにいたからこそ。何もしないときとのコントラストで「あっ、今、箸を取ったな」とわかるわけです。もし演者が普段から落ち着きなく手を動かしていたら、どこで箸を取ったのかわかりません。何もしないときと、動いたときとの、メリハリが重要なのです。話しながら資料を指し示したり、説明に身振りを加えたりといったサインは、重要なポイント以外では何もしないからこそ、有効に働くのです。

厚生労働省の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」の結果を見ると、正規・非正規社員の大半が金銭的な報酬以外に「仕事の内容、やりがい」「職場の人間関係、コミュニケーション」を重視していることが分かります。同じ給料なら人間関係が良好な職場でやりがいをもって働きたい。人は賃金のためだけに働いているわけではないのです。

慌てたところでどうにもならないんですよ、人生って。だから、運を向かせようと必死にエネルギーを使わないほうがいい。悪いことがあれば、しばらくするといいことがある。その繰り返しなんですから。

ページの先頭へ