大前研一の名言|自分の適性を知る重要性

私は政治家には向いていません。なぜなら政治家は有権者に「なるほど、この人だったら安心して任せられる」と思ってもらうことが大事で、私はどちらかというと「こういうふうにすべきだ」とプランを練るのが得意な政策立案者なのです。だからこそ、有権者との間にクッションが要る。自分は政治家には適任ではないと気づいて、さっさと足を洗いました。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

満足することはないですね。とくに実況中継なんか、「ああ、あそこでこう言っておけばよかった」とか、「なんで、あのとき言わなかったんだ」という思いの方が強いですから。

草野仁の名言|満足することはない


「現場の声を拾って考える」などと、現場の大切さを理解している姿勢を見せる経営者はたくさんいますが、実際に現場に立って、現場の人と一緒に考えている人はほとんどいません。現場の人間からすれば、「現場に立たずして、何が分かるのか」と思っていることでしょう。経営者だけでなく、課長でも部長でも同じことですが、大事なのは「現場で仕事をすること」なのです。

藤田晋の名言|大事なのは「現場で仕事をすること」


私は精神科医として心を病んだ患者さんの診察をしていますが、怒りを抑え込んだために不眠やうつなどに悩まされるようになるケースはたくさんあります。じんましん、動悸、吐き気、頭痛、胃痛などが出現することも少なくありません。怒りを溜め込みすぎて、俗にいう「キレる」状態に陥ることもあります。キレると感情のコントロールがきかなくなり、物に当たったり、暴力をふるったりして最悪の状況を引き起こします。そうなる前に、怒りをうまく小出しにする必要があるのです。

片田珠美の名言|怒りを溜め込むのはよくない


いつも上手くいっている人は、例外なく意味づけが上手。自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている。

大平信孝の名言|いつも上手くいっている人の特徴


いくら正しい意見でも、相手を怒らせたら言うことを聞いてもらえるはずがありません。相手を動かせなくては、経営コンサルタントの仕事にはなりません。

山本真司の名言|意見は相手を動かせなければ意味がない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ