中原淳の名言|閉塞感を突破するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

枠にとらわれず経験や人脈をつくり、成長機会を求める。そうした前向きな姿勢が閉塞感を突破する武器になるのです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しい事業は、担当者が納得して本気にならなければ成功しません。

他社は顧客、顧客と口では言っても、結局ライバルを見て戦略を決めています。それは何も発明していないのと同じです。先駆者とはいえません。

新しいものを得るには、古いものを手放さなければなりません。そうやって人生を変化させていった方が、ずっと同じ人生を生きるより楽しいと思います。

王将は安いだけの店とは違います。手作りにこだわり、それぞれの店は店長の裁量に任せています。そして、オープンキッチンにして活気あふれる店舗にしている。どれも昔からやってきたことで、うち独自のやり方です。原点を重んじて努力してきた結果が不況でも好成績となっているのでしょう。

売れない商品を作ると恥ずかしいと思うかもしれませんが、売れなかった商品なんて誰も覚えてないですよ。

仕事で実際に必要な数字力というのは、実はそれほど高度なスキルではありません。会話で使うのもざっくりとした数字で十分です。

そのうちに美術監督としてスタッフを束ねるようになりました。現場を率いるには、あの人があれが得意だろうとか、これは無理そうとか、全体の舵取りが必要ですが、僕の場合はスタッフそれぞれの個性よりも、「こういう背景にしてほしい」という監督の要求のほうを優先させるべきだろうと思ってきました。それをマスターした上で「もっとこうしたい」ということがあれば、監督の要求を壊さない範囲でやれることはいろいろあるんです。これは上達して監督の要求をクリアしてはじめてできることですね。僕の仕事にしても、監督や作品にずいぶん引っぱりあげてもらった結果ですから。

ページの先頭へ