中原淳の名言|コピー&ペーストできないもので他者と差異化を図ることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまの社会は多くのものごとがコピー&ペーストできてしまう社会だといえます。その中では、資格のようなポータブルなスキルはあまり役に立ちません。他者との差異化の源泉となるのは、コピー&ペーストできないものだけです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「得意不得意がある=自分の能力は固定されている」と考えるのは、単なる思い込み。自分の中の「成長させたい対象」に適切なエネルギーと努力を注げば、その実現は可能。「今の自分はできないけれど、この状態がずっと続くわけではない。将来はできるようになりたいし、それは実際にかなえられる」という思考に切り替えましょう。

後継者を選ぶ際に前任者が密室で決めてしまうと、前任者の路線を続けてくれる人を選びがちになる。

若いころから「いろんなことをやったほうがいいよ」と勧めてくださる方が周りに多かったので、「それならば」と取り組んできました。やるとなれば勉強するので自分の可能性が広がります。

決算書が読めるということではなく、数字を効果的に使い、その本質が読め、数字の「展開力」のある人が勝ち残っていく。

我々は決断しなければならなかった。経営の非情さを学んだ。
【覚え書き|マレーシア・マムート銅鉱山撤退について】

初対面の人と上手く会話するコツは、自分が一方的に話そうとしないことです。一方的に話そうとすると、しどろもどろになりがちです。相手にも会話に加わってもらえるように、質問をたくさんすること。「私はこう思いますが、あなたはどう思いますか?」と聞けば、相手も答えてくれます。

「小さな仕事」は優先順位が低い場合が多く、つい先延ばしにしてしまいがちなのですが、それが後々仕事の停滞につながる場合も多い。これらの仕事を、予定が変わった場合や移動時間などの空き時間に処理しておくことで、作業効率を上げることができます。

自分のできることや考えをしっかりと打ち出していくことは、あらゆるビジネスシーンで必要なこと。

うつは誰でもなる可能性のある病気です。私のもとにくる患者さんも「まさか自分がうつになるなんて」と吐露される方が多い。たとえば、悲観的だったり、責任感が強い性格はうつになりやすいと思われがちですが、誰でも心身の疲労が溜まってくれば、後ろ向きになったり、自分を責めたりしやすぐなります。うつは予測がつかない。「普段と何かが違う」と感じたら、いつも以上に気をつけて社員を観察し、話し合いの場を持つことです。また、原因が上司その人の場合もあるので、会社の中で上司以外と話せる環境をつくっておくことも必要でしょう。

24歳のとき、約40社から人を集めたファイナンス会社に出向した。私のようにとにかく元気が取り柄の生保マンもいれば、冷静に数字を見る銀行の方もいた。同じ仕事でも、様々なアプローチがあることがわかり非常に勉強になった。

ページの先頭へ