中原淳の名言|答えがなくても回答を問われる時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

不確実で変化の速い社会になってくると、誰も正解はわかりません。にもかかわらず、あなた自身が答えのない環境において何を成すかを問われます。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スタバは入店時にしっかりと理念教育をするので、パートナー(従業員)はミッションが大事であることをよくわかっています。しかし、もしミッションではなく、形だけを教えていたらどうなるでしょうか。おそらくパートナーは何か押しつけられたように感じて、挨拶は心のこもらないものになるはずです。

アメリカ人なんてベンチャーのやつがなんぼ働くか。すごい働いているよ。めちゃめちゃ頭のいい奴が、めちゃめちゃ頭のいいやつらと闘っている。

当社の担当部門も先方さんと開発では、侃々諤々で激しくやりあいました。お客さん側のニーズというのは大事だし、新素材開発でお互いに妥協しない。だから、いいものが出来た。
【覚え書き|他社との共同開発について】

下を向いていたら前が見えない。トップはふんぞり返らない程度に頭を上げて前を向き、先を見通すことが大事。

とりわけビジネスの世界で成功される方って、読書好きの方が多い。

断わるのは「悪いこと」ではないのです。安請け合いの結果、期日に間に合わない……となると、かえって相手に迷惑をかけます。この場合、「断わったほうが相手のメリットになる」とも言えるのです。ですから、何かを依頼されたときは冷静に状況を分析し、断わらねばならない理由を自分の中で言語化することが大切です。

リーダーの側から常に積極的な声掛けをして、コミュニケーションをとるべき。

ページの先頭へ