中原淳の名言|柔軟に、しなやかに変化に対処していく重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

しなやかに問い続け、問題から逃げないこと。キャリアや価値観を絶対化、標準化せず、柔軟に、しなやかに考えなくてはいけません。つくった地図を歩いてみたら、そこに描かれていない別の道に美味しそうな木の実を見つけた。そうしたら、そちらへ歩いていくことを柔軟に判断すればいいのです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もしもぼくが、「上司や経営者はできる人でなくてはあかん」というありようを見せてしまうと、社員もおのずとそうなってしまいますからね。

売れる営業チームは、蓄積型営業です。種をまいて水や肥料をやり、育てて実を収穫し、来年に向けてまた種をまく。初回面談、商品紹介、お見積もり、問題解決、クロージングなどの営業フローを意識できています。

私は、何かを計画する際に、あえてその計画が失敗する場面をイメージしています。普通は、「どうやったら成功するか」と考えるものだと思いますが、逆に、「失敗するとしたら、どんな原因があるか」と考えることで、行き詰りそうなポイントがクリアに見えてくるのです。そこで前もって、ウィークポイントを手当てしておけば、仕事の停滞をかなり防止できます。

楽しそうに仕事をしている人は、自然とお客さんとの距離が近くなります。お客さんからの「ありがとう」メールを私たちは「魂のごちそう」、略して「たまごち」と呼んでいます。たまごちをゲットすると仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むようになります。たまごちを早くゲットできるような仕事環境を積極的に作り出すことが一番いいと思っています。

一番大事なのはやはり、話す内容でしょう。文法や発音のミスを過剰に恐れることなく、臆せず話してみるのが一番だと思います。

プロサッカー選手はサッカーが上手いのは当たり前。プレー以外にプラスアルファが求められる。

アイリスでは取引先とは言わず、取組先と言うように従業員を教育しています。小売りやお客さんとともに、一緒に課題解決に取り組む。そして、お互いにメリットを感じ、利益を得る。そういうウィン・ウィンの関係でなければなりません。小売りだけが強く、メーカーが常に泣き寝入りしていては製造業が崩壊してしまう。

人間、好きな人の話は耳に入りますが、好きでない人の話はいい話でも耳に入りません。だから、意外な行動によって情に訴え、今度のやつは面白いぞと思われることに力を尽くしました。
【覚書き|キリンビールで青森県の営業担当をしていたときを振り返っての発言】

不必要な時間外労働はストレスとなり、体力を奪い、処理能力や創造性を低下させるというのは、いまや常識です。いくら時間をかけて残業をしても、生み出される成果はゼロ、むしろマイナスになっていることさえあります。

これからの流れ、時代を先取りしていかないと、環境、状況、技術が変わった時に企業は絶対滅びますよ。

ページの先頭へ