中原淳の名言|自分を成長させるために2つのタイプを持つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を成長させてくれるのは、「お前だったら大丈夫」と言ってくれる安心屋と「このままじゃ駄目になるぞ」と言ってくれる緊張屋の2タイプです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アストラゼネカの全社的な戦略的優先事項のひとつが「サイエンスのリーダ-シップ」です。今後とも医療機関や製薬企業などとの連携を強化し、サイエンスを重視し患者さんのために貢献していきたい。

バトンタッチしても組織が永続できるよう、後継者は慎重に、複数で選ぶべき。

インスタグラムというプラットフォームによって、世界中の人々が経験を共有できるようになりました。人間だけをつなぐのではなく、場所やサービス、モノ、そしてビジネスのつながりも生まれています。例えば京都・清水寺のインスタグラム公式アカウントは約16万人のフォロワーがいます。美しい写真をSNSで見るだけでなく、実際に多くの人が現地を訪れるようになりました。ユーザーの75%が、投稿に触発されて検索したり商品を買ったりするという調査結果もあります。

だらだら生きるのではなく、残りの人生に真剣に向き合うタイミングが早いほど、充実した後半生を送ることができる。人生を折り返したと感じる30代後半から40代の人は一度考えてみてほしい。

お客様の声は、商品の改善に役立ちます。たとえば、ホットクレンジングゲルに対して「最後までクリームを使えない」というご指摘が多くありました。そこで、容器の口を指が入る大きさに広げ、指でクリームをすくい取って最後まで残さず使えるように改善しました。今ではお客様のご指摘には速やかに対応する姿勢を社員全員が身に付けています。その上、私たちは小さな会社なので改善スピードが早い。それが弊社の自慢です。

わかりにくい立地。入りづらい入口。お店に入っても「いらっしゃいませ」の声はかからない。子供が1人で買いに行っても店主は見向きもしない。ちょっと敷居が高く、お店にいるのは模型に詳しい店主と常連客。対象はコアな客。それが従来の典型的な模型店でした。私はその否定から入りました。

15年ほど前に、当社の営業マンは名称を「お客様繁盛係」へと変更しました。当社の商品を扱ってくださる酒販店やスーパーマーケットといったお得意先様におおいに繁盛していただくようお手伝いするのが我々の仕事ということです。

ページの先頭へ