中原淳の名言|いまは答えが誰にもわからない時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまは「答えが誰にもわからない」時代です。いま何をすればいいかについて、会社も上司も正解を知りません。目の前に成功した人がいたとしても、別の人が同じやり方で成功するとは限りません。キャリアの地図を描いてみたところで、そこにある道程を歩いていくことが難しくなっています。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数字は関心を持たないと頭に入ってきません。定義を知ることも一緒です。無機質な数字はこちらから関心を持って近づき、定義を知ることで「意味づけ」しないと、自分のものにならないのです。

我々がほかの製薬会社と異なるのは、デンマークの財団が株式の25%を保有している点です。財団は勝手に株を売却できません。四半期ごとの一時的な業績向上を求める株主からのプレッシャーが少ないため、長期的な価値創造を志向して経営ができる環境があります。

ちょっとした工夫が女性には嬉しいんですよ。

ある程度“知らない”ことも大切なのかもしれません。実は私も、18歳のときに「ハードルではアジア人が決勝に残ったことがない」ということを知ったんです。でも、もう他の競技を選び直すこともできない。私もそういう状況を知っていたら、ハードルを始めていなかったかもしれません。

上司には「面白く楽しく仕事をしている」と伝え、部下にも「面白く楽しく仕事をせよ」と言える自分をつくることが一番です。

私が社長に就任したのは、前任の社長の意向が強かったと思いますが、よくいわれたのは、「お前は明るくて、行動力がある」ということでした。新しいことへのチャレンジを、リスクテイクしながらやってきたという自負はありましたから、そうした部分が「行動力がある」という評価につながったのかもしれません。長島徹の名言|新しいことにチャレンジすることの大切さ 私が社長に就任したのは、前任の社長の意向が強かったと思いますが、よくいわれたのは、「お前は明るくて、行動力がある」ということでした。新しいことへのチャレンジを、リスクテイクしながらやってきたという自負はありましたから、そうした部分が「行動力がある」という評価につながったのかもしれません。

私自身、「通訳になる」というのが当初の英語学習の原動力でした。テレビで外国人タレントの話す英語をすらすらと同時通訳する自分を思い描きながら、日々「素振り」を繰り返したものです。

ページの先頭へ