藤口光紀の名言|サッカーで弱いチームと強いチームの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

弱いチームはボールを持つと攻めることしか考えないので、いざボールを奪われると一気にカウンターを食らって失点します。一方、強いチームは自分たちが攻めているときも、ボールを奪われたシーンを想定して動くので、またすぐにボールを奪い返せるのです。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


藤口光紀 の経歴

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ