佐藤俊介の名言|ロゴや社名などの重要性

これだけファンがついたのは必然です。ダイヤモンドと骨を組み合わせたロゴ、満足保証を意味する名前、メード・イン・ジャパンという明確なコンセプト、それだけでSNSの世界ではクールなんです。コンテンツばかりに目が行く人が多いですが、最初からすべてのページに目を通してくれる人なんていません。ロゴや社名などファーストインプレッションが重要です。

佐藤俊介(経営者) の経歴

佐藤俊介、さとう・しゅんすけ。日本の起業家。ファッションブランドのサティスファクション・ギャランティード(SG)を展開するエスワンオー創業者。日本大学理学工学部卒業後、バリュークリックジャパンに入社。ディーパー設立に関わり、同社副社長を経て、エスワンオーを創業。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

Knotの時計がどういう人たちの思いによって生み出されているのか、丁寧に説明することでしか不信感を拭えないと考えていましたが、これを克服する際にはインターネットやSNSの発達が大きな助けになりました。

遠藤弘満の名言|丁寧に説明することでしか不信感を拭えない


P&Gではチェコの営業本部で仕事を始め、その後は本社がある米国や欧州、アジアなど、多様な文化や市場に触れてきました。その経験を通じて、流通形態や競合が全く異なるなかで、迅速に環境に対応し、成功の手掛かりをつかむことを学びました。この柔軟性が自分の持ち味だと思います

スタニスラブ・ベセラの名言|多様な文化や市場に触れることが大切


ミドリムシのビジネスをやっていて、ダサイね、と言われることだけは納得がいかない。世の中にダサイとかくだらないというものが本当にあるのか。くだらない、しょぼいと言われようが、この本(『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』)によって、何か「小さなチャレンジ」に取り組もうとしている方が少しでも勇気づけられれば、これほどうれしいことはない。

出雲充の名言|バカにされてもチャレンジすることが大切


良い結果に報酬を与えるということは、裏を返せば、貢献の少ない従業員には厳しい目を光らせる、それも効果がなければ配置替えを考えるということだ。従業員には、仲間との連帯を重視し、自分の役割を果たしていない人間には何らかの措置がとられることを理解してもらわなければならない。

ビル・ゲイツの名言|報酬は貢献の量による


改革はもう終わったという慢心が怖いのです。

北城恪太郎の名言|改革は終わったという慢心が怖い


正しいと信じたことはやり抜くことが重要です。

種村均の名言|正しいと信じたことはやり抜くことが重要です。


オーナーの世界観、価値観を理解できなければ、最善の提携先を見つけることは不可能。

新田喜男の名言|最善の提携先を見つけるには


わかっていながら現場の問題に向き合わず、経営トップの顔色ばかりうかがっているようなことはないだろうか。思い当たることがあるようなら、「お客様は何を求めているのか」「販売の仕組みのどこが間違っているのか」など、いま一度現場で抱えている問題に真正面から向き合って欲しい。そして、パートナー同士で解決方法を徹底的に議論する場をつくることから始めていくのだ。

澤田貴司の名言・格言|問題に真正面から取り組む


北海道と本州では、気候の違いもあり、売れる商品が違う。こうした点を新商品の開発に反映させながら、焦らず新規出店を進めていきたい。

武居秀幸の名言|焦らず進める


いかにも英語らしく発音できるとカッコイイじゃないですか。カッコよくしゃべれると、自分の英語に自信が持てて口調も堂々としてくるものです。だから、この人はカッコよく話すなと思う人の真似をするのはいいと思います。

成毛眞の名言|カッコよく話す人の真似をすることの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ