佐治信忠の名言|若手の仕事を芽吹かせるのがトップの責任

若い社員が一生懸命やっている。その仕事を見て芽が出るようにしてやるのがトップの責任だと思います。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

特に日本は縦社会ですから、上司が号令をかけなければ部下は変わりたくても変われません。都庁でも知事である私を先頭に課長職以上全員が「イクボス宣言」をしまして、管理職が率先して早く帰るようにと私が目を光らせています。

同じパターンでは成功しない。新しいことをやるときは新しいリーダーで臨む。

むやみやたらと考えていても、なかなか答えにたどり着けず、無駄に時間を浪費してしまうだけです。そのために、仮説を立て、論理的思考で考えを導き出す。さらに、導き出した答えは常に仮説と検証を繰り返し、判断の精度を高めること。この習慣を身につければ、数学的思考力は飛躍的に高まります。

日本企業は「デザイン力」というよりも「トレンド・セッティング」、つまりトレンドを作っていく力が弱いのだと思います。トレンドというのは潮流ですが、デザインの潮流を作っていくのが苦手なのだと思います。それは、トレンドを作るという意識がなかったからではないかと感じます。

世界で戦っていくためには資金が必要。営業利益ベースで1000億円くらいは儲けられないと世界では生き残れない。

まとまった原稿を書きたいときなど、一人で温泉宿にこもることもあります。環境を変えて気分を変え、一気に片づける。もっと手軽な方法では、机の上を整理して仕事に必要なものだけが目に入るようにするなど、周囲の雰囲気を変えて気持ちをリセットし、仕事に専念できる環境をつくると集中できるものです。

市場の隙間は賢い人が見つけるわけではありません。意識して見れば自然と見つけられます。例えば、妊娠すると街に妊婦が多いように感じたりしますよね。それは意識しているから見えているのです。海外に行くと日本の便利さに気付くこともあります。これも意識があるからです。こういった見方が起業には必要です。これを身に付けるには、異文化の人や異なる世代の人とかかわって養うことが大切です。

「繰り上げ返済をして借金もないけど預金もないAさん」と「借金が1000万円あるけど、預金も1000万円あるBさん」を比べた場合、人生を経営するうえで安全なのは明らかにBさんです。差し引きしたらどちらもゼロで、一見変わりないように見えると思います。でも、現金を持っていれば何かトラブルがあったときに銀行がお金を貸してくれるんです。

多くの人は、一面記事や総合面、経済面などマクロ経済が中心に書かれているところを熱心に読み、そこまでで疲れてしまいます。しかし、この面を読んでいても、あまり頭に入ってきません。直接的に仕事に役に立つことも少ないのです。できるビジネスマンは、この部分をサッと流し読みしています。そのかわり、熱心に読むのは企業面と消費面。企業の動向や新製品情報は、たとえ短い記事でも、ビジネスアイデアの宝庫です。彼らはここを深読みしています。

「仕事はできるが人望はない」。一度そうした評判が立ってしまったら、その組織での昇進は厳しいものとなるでしょう。なぜなら、企業における重要な人事決定は「評価」ではなく「評判」で決まると言っても過言ではないからです。

「部下に教えを請うのは恥ずかしい」とか、「上司たるものかくあるべし」と肩に力の入った態度こそがバカにされる。わからないことがあれば知っている人に聞くのは、仕事のうえでも当たり前です。

当社には長い歴史で培ったカルチャーや働き方があり、それも時代に合わせて変化しています。

将来必要な資金を守るためには早くからの準備が重要。加えて、家族全員で話し合うことも大切。

ページの先頭へ