佐治信忠の名言|若手の仕事を芽吹かせるのがトップの責任

若い社員が一生懸命やっている。その仕事を見て芽が出るようにしてやるのがトップの責任だと思います。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「ロマン」「ビジョン」「意欲」「執念」「好奇心」の5つが当社の経営哲学。ロマンとビジョンがあるから、「意欲」が出る。ビジョンは100倍以上のことを発想しますから、当然、意欲や情熱、熱意が出てくる。しかし、時には失敗して、途中で挫折しそうになったりします。だから諦めないで最後までやりぬくと。それが「執念」。そして、物事を進めていくには、知識や技能や経験が必要。ありとあらゆるものを見たり聞いたり、実行したり、経験したり、そういう「好奇心」を持とうということ。

似鳥昭雄の名言|ロマンとビジョンがあるから、「意欲」が出る


本来、創業家出身のカリスマ経営者は夢と思われるような大きなビジョンを語っても絵になる。それは社内で絶大な権力を持っているため、大きなリスクがある案件であったとしても「私が責任をとる」というメッセージが伝わるからである。

長田貴仁の名言|創業家出身のカリスマ経営者が夢を語ることができる理由


努力の成果なんて目には見えない。しかし、紙一重の薄さも重なれば本の厚さになる。

君原健二の名言・格言|紙一重の努力を重ねれば、本の厚さになる


わが社にはおよそ100の子会社があり、ややこしい意思決定ほど私のもとに来ます。でも私は、これまでの意思決定にほとんど間違いはないと自負しています。常に「信・義・仁」に基づいて判断しているからです。「信」とは社会からの信頼を失わないか、「義」とは社会正義に則っているか、「仁」とは他者を思いやっているか、を指します。

北尾吉孝の名言|意思決定を間違わないための3つの判断基準


何度も苦しいときがありましたが、このビジネスだったら絶対成功するという確信はありました。

酒井誠の名言|絶対成功するという確信


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ