佐治信忠の名言|若手の仕事を芽吹かせるのがトップの責任

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い社員が一生懸命やっている。その仕事を見て芽が出るようにしてやるのがトップの責任だと思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どの企業も理念や目標を掲げていますが、お客様やお取引先にそれが伝わるよう、努力することが大切です。

「会社が成果を認めてくれないから、仕事が面白くない」という考え方は、問題を他人のせいにしているだけです。そう考えているかぎり、自分が苦しむことになります。他人は変えられないからです。不可能なことをやり続けるのはつらいに決まっています。

失礼な文章では相手の心証を害するのは当然ですし、形として残るぶん、メールの文章はより気をつけなくてはなりません。

ユーザーイノベーションとは、顧客が持つ創造性をモノづくりの開発過程から反映させ、新たな価値創造につなげていく考え方です。たとえば、消費者は大量生産品に対しても、自分にとって特別な価値を求めています。だからこそ、製品開発の段階から、消費者の声をどんどん取り込んでいくことが重要なのです。

ややこしい問題を考えるときには、「自分」なんてものが見えなくなることを最優先にすべきだと考えてきました。プロの仕事とはそういうもので、作者の姿も演者の姿もなくて、ただ「見ている人がそこに自分の見たいものを見ている」という状況をつくりださなければいけないと考えていたんです。だから、考えたり書いたりするときには自分の個性なんて放っておきます。

私自身、自分に言い聞かせているのは、過去の経験抜きでものを考えろということ。

ロジックだけでは、物事は上手く動かない。

ページの先頭へ