佐治信忠の名言|若手の仕事を芽吹かせるのがトップの責任

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い社員が一生懸命やっている。その仕事を見て芽が出るようにしてやるのがトップの責任だと思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大勢を前にして話す場合は、ツカミが必要だと言われますが、僕は苦手です。ですが、代わりに、結論を冒頭に伝えるようにしています。相手が最も知りたいことに応えることが、その場の空気を掴むことにもなるからです。

愚者は良い暮らしを得ても、それよりもっと良い暮らしを求める。

従来はフロア共有の複合機で書類をスキャンしていましたが、先月ドキュメントスキャナーを導入。A4サイズ以下ならデスクにいながらスキャンできるようになり、仕事がさらにはかどるようになりました。

米国の上院予算委員会に勤めていたとき、統計データの処理や議会でのプレゼンシナリオの作成など、ほかの人が面倒がる仕事も積極的に引き受けました。最初は上手くできませんでしたが、専門家の指導を受けながらこなすうち、やがて「ミエコがいないと仕事が回らない」といわれるようになりました。

若いときの自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。
いま、歳をとってみると、その通りだと知った。

ハウステンボス内へのベンチャー企業の誘致というのも新しい試みです。フリーゾーンで展開している「イングリッシュスクウェア」には、我々も少し出資していますが、基本はアイデアを出してくださったジャイロスコープという東京の会社が運営しています。経費をかけずにお客を増やす仕組みのひとつです。

普通のことをしていたら、おそらく店は潰れていた。

私は社長就任以降、経営課題の定量化に注力してきました。経営状況の把握などに定性的な曖昧さが多いと、何も決められないからです。

自分がリーダーの立場になったとき、「大局的なところだけを押さえて、あとは部下にできるだけ任せる」ことを心がけました。それはやはり、若いときにプロジェクトを任せてもらえたことで大きく成長できたという思いが強かったからです。

成長のスパイラルに入るには、とにかく量をこなす。それに尽きます。ですから、朝は始発電車で出社し。ほかの社員が出てくる頃には、営業先に向かいました。土日はもちろん、ゴールデンウィークも夏休みも関係なく働いていました。
【覚書き|人材サービスのインテリジェンスでトップ営業マンになった理由について語った言葉】

ページの先頭へ