佐治信忠の名言|自分たちがいいと思う商品よりも、消費者が望む商品を

我々がどんなにいい商品だと思っても売れなければ、それは消費者が望む味をつくれなかったわけで、メーカーとしては失格です。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プレゼンでは質疑応答の準備も重要です。質疑応答なしで一方的に話すプレゼンは、オーディエンスから信頼を得られません。考えてみてください。恋人とデートするとき、相手が自分のことしか話さなかったらどう思いますか。退屈だし、「相手は自分のことを見ていない」と不信感を持ちますよね。オーディエンスの心理も同じです。双方向のコミュニケーションを取りたいと考えているのです。


トップの仕事は決断することです。たとえ30分のミーティングでも最後には結論を出し、次のステップを指示します。そのときの拠り所は、自分なりの価値観です。


例えるなら、時速80km制限の道路なのに100kmで飛ばさずに、80kmでいいんだから、それをずーっと再現すればいい。そういうことですよ。ゴルフと仕事が似ていると思うのはこの点ですね。「最高速度や最大パワーが、常に必要なわけじゃない」ということなんです。環境や自分のコンディションも含めて常に変化しますから。その中で100点ばかり取ろうとしても無理だし、そうする必要もない。


ページの先頭へ