佐治信忠の名言|自分たちがいいと思う商品よりも、消費者が望む商品を

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々がどんなにいい商品だと思っても売れなければ、それは消費者が望む味をつくれなかったわけで、メーカーとしては失格です。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司に報告書を書くなら、まず自分が気に入っている上司や先輩の報告書をそのままパクってください。報告書のスタイルに著作権なんてないのだから、好きなだけパクればいい。そっくりそのまま人の文章をパクっていると、やがて「自分ならこう書くのに」という違和感が生じます。この違和感こそが、何を隠そう、個性の正体です。つまりパクることなしに個性を語ることはできないのです。

誰かに好かれたいのであれば、相手を怒らせてしまうことを心配するよりも、相手に楽しんでもらうことを優先する。そのためには、自分が相手と一緒にいる時間を楽しまなければならない。

企業には、「うちの会社はこうあるべき」といったことを明文化した「社是」や「経営理念」があると思います。組織の一員として自分が「正しい選択」をしているかどうか、それを基に振り返ってみることも重要。

バイオベンチャーだからと言って技術だけを売りにはしません。常に患者さんに革新的なサービスを提供し、どうしたら社会に貢献できるのかを考えています。

すべてコンピュータに頼るのは危険です。自分で計算できる力がないと、インプットする数値を間違えたとき、おかしな結果が出てきても違和感を抱かずに見逃しやすいのです。ですから、最初のラフな設計くらいは電卓で計算できるようになったほうがいい。

「何事にもなすべき時がある」との信念がゆらぐことはありませんでした。大きな原動力は両親の教えにあったように思います。父からは「人としてなすべき時は勇気を持ってなせ」と教えられていました。

なかには企画したらしっぱなしで、売上に無頓着な人もいますが、仮にもビジネスマンなら、自分の担当する仕事の規模や会社の貢献度について把握しておくべきです。

ページの先頭へ