佐治信忠の名言|営業しなくても付加価値だけで売れる商品をつくれ

このエントリーをはてなブックマークに追加

開発部門には「営業しなくても付加価値だけで売れる商品をつくれ」と、ハッパをかけています。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大事なのは、1つでも構わないから、「恐らく(きっと)~ではないか」という考察を入れること。単なる「知っている」だけで終わってしまうと、たとえ流れを察知してもそこまでです。自分なりに本質を見抜こうとする努力が必要です。

この先輩のこういう部分が自分にもあったら、もっと楽しくなるだろうなと。当時のエスパルスには、様々なキャリアを経た先輩がいて、それぞれの言葉が僕の中で響きましたね。たくさんの教えを頂き、学ばせてもらったし、あの時代の先輩の言葉が、今も自分の中で生きています。

当社には「セコムの事業と運営の憲法」という基本理念があります。バイブルといってもいいでしょう。この憲法には「現状打破」と「正しさの追求」という理念があり、この考えは新入社員にまで確実に浸透しています。

人マネは、最初はうまくいっても、しまいには腐ってしまう。オリジナル、つまり、今ないものを作る人がやっぱり偉い。

広告力の重要性に気が付いたのは広告代理店で働いていた時です。商品の良さが伝わらない広告は、いくら打っても購入には結びつかないことを実感しました。だからこそ、分かりやすいキャッチコピーを作るため、社員を研修や文章力アップセミナーなどに参加させています。1年間も同じ広告だと飽きられてしまうため、常に新しい広告を考案するなど、より良い広告作りのために様々な試みが欠かせません。

元気と勢いは大切。アイデアや企画を社内や社外へプレゼンする時、データを積み上げたり、根回しをしたり、通りやすくする準備っていろいろあるけど、最終的には提案者の熱量が物を言う。

グーグルで「サービスを無料で提供する」というルールを決めているのは、もちろんユーザーのためですが、それはサービスを開発するとき、課金のしやすさを優先して、完成度が低くなるのを防ぐためです。収支を考えなくてよくすれば、社員は思いきりサービスを作り込むことができる。

大企業だと、流通先も含めて販売の見通しが立ち、大きなロットが見込めることが商品企画の前提。それでは斬新な商品はなかなかできない。

仕事はビジネスライクに、ただ決められたことだけでやっていてはいけない。常にその時の状況によってお客様がどう感じるかをしっかり見ていかなければならない。

四季には定まれる序あり、死期は序を持たず。
【覚書き|序=順序】

ページの先頭へ