佐治信忠の名言|メイン商品が売れなくなったことはラッキーだった

このエントリーをはてなブックマークに追加

余裕があるうちに多角化したわけではなく、メインブランドの「オールド」の衰退が早く来て、もがきながらそうなりました。ある意味ではラッキーと言えるかもしれません。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

年を取って知能が下がったから、ど忘れが増えるわけではありません。知能活動は、流動性知能と結晶性知能の2種類があります。流動性知能は新しいことを覚えたり、アイデアがひらめいたりする知能で、30歳前ぐらいにピークを迎える。一方、今までの知識や経験によって育まれるのが結晶性知能。これは年齢を重ねて磨かれていくものなので、加齢で知能が衰えるとは一概に言えないんです。

課題は刻々と変わっていきます。でも、課題をつねに頭に入れていることで、情報感度が高くなり、良い情報、必要な情報がどんどん見えるようになります。

エコノミストや評論家の中には「先行き不透明な時代だから」という枕詞をつけて話す人がいますが、私はその枕詞を聞いた瞬間に、その人の言うことを信用しないようにしています。いつの時代も将来は不透明ですが、経済という分野についていえば、しっかりと世の中の動きや統計を見ていれば、8、9割は先のことが分かるものです。不透明な中でも、予想できる範囲できちんと考えて断を下すのが経営者の仕事だと思います。

投資の世界では、資産が異なればルールも異なる。私が投資信託が好きでない理由のひとつは、そのルールが嫌いだからだ。私には何のコントロール力もない。一方、不動産のルールは、より多くのお金を稼ぎ、法律に違反することなく、より少ない税金を払うことを許してくれる。不動産投資のルールを投資信託に応用したら、私は刑務所に入れられてしまうだろう。

誰だって、目標が漠然としているのに集中なんてできないでしょう。30代の終わりに留学しようと決意したときも、しゃかりきになって、それこそ集中して勉強しましたが、それは、こういう人間になりたいという目的意識があったからこそできたことです。自分を駆り立ててきたのは、いつも問題意識です。

状況は常に変化する。それに対応することは大事だが、起きたことに対処しているうちは、主導権を握れない。成果をつかむには、リスクを取って自ら仕掛けるべし。

お客に対して料理など出す場合があったなら、人に差し出す分よりも、自分に多くするようなことがあってはならない。だからといって、ことさらに少なくするのもわるく、程々にしなければならない。

ページの先頭へ