佐治信忠の名言|社会への貢献を抜きにして企業は存続できない

このエントリーをはてなブックマークに追加

祖父は創業の理念として、事業による利益の3分の1を顧客に、3分の1を社会に還元し、残り3分の1を事業拡大に使う「利益三分主義」を掲げました。社会への貢献を抜きにして我々は存続できません。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何を学ぶかは、自分のキャリアデザイン次第です。それすら見えていないという人には、読書をお勧めします。といっても、ノウハウ本ばかりでは駄目です。世の中を俯瞰できる経済書と、自分の専門分野に特化した専門書を、月10冊。半年続ければ、現在の自分の置かれた状況や、これから学ぶべきことが見えてくるはずです。

会社とは、社員の幸せを高めるために存在している、というのが私の信念だ。売上を増やすのも、利益を上げるのも、社員を幸せにするための手段にすぎない。

ネットの発達で情報の伝播力が高まったことで「大義を掲げた起業」が世間の支持を得やすくなった。

仕事の重要度とパワーの配分が能率アップの鍵。また、自分がやらなくてもいいなら、他の人に頼むという方法もあります。

将棋の水準は日進月歩でレベルアップしていますから、最低限求められる基礎を抑えるために、かなりの時間を割かなくてはいけないのも事実です。

経営陣は、「異なる責任を担う一人一人の集まり」ではなく、チームなのです。経営会議という場で話し合いを通して、チームとしての経営陣がつくられていきます。

私の場合は建築が専門ですが、それぞれの専門分野において、自分の腑に落ちるまでものごとを突き詰めて考えてきたかということが大事です。

ページの先頭へ