佐治信忠の名言|2位以内に入らないと利益は出ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

どの業界でも、現実には2位以上でないとまともな利益は出ず、事業の永続性が確保できません。少なくとも主力商品は、2位以内に入れるよう努力していきます。何回やっても駄目だった日本茶飲料も、伊右衛門のヒットでやっと2位に入りました。簡単に諦めず、試行錯誤しながら何度も挑戦することが大切です。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今やれることを全力でやらないと、次のことも全力でやれなくなります。だから常に本気、常に全力投球でやる習慣をつける。

UPQの仕事はライフワークとか趣味みたいなものですね。まあ、趣味といっても、私の場合は嗜む趣味ではなく、命をかけてやる趣味かな。

私も、リクルート時代は自分の弱みを見せてはダメだと思い、子どもがいることも内緒にしていました。もちろん子どもがいることは誇らしいことなのですが、当時は「女性だから、母だから」という目で見られることが嫌で隠していました。しかし、強がる気持ちがお客様を引かせてしまい、失敗することもしばしばでした。あるお客様から「もっと自然体でいいんじゃないの?」と指摘されて、ようやく男性と競おうとしなくてもいいのだと気づき、ずいぶん気が楽になったことを覚えています。

経営者は自分が仕事をするのは当然として、社員に仕事をしてもらわないといけない。社風とか、価値観とかを組織に根づかせるのも、経営者の仕事です。

将来の進路選択や就職に向けて充実した4年間を過ごすために、1年次から就職を意識させるカリキュラムを必修化しています。

やる気やモチベーションに頼ってしまうと勉強を継続することはできません。いかに勉強を続けられる環境・状況を設定できるかが重要。

小さな目標達成を重ねていくと、「自分はできるのだ」という気持ちが出てきて、これがさらにモチベーションを高めてくれます。

地域の人々に支えられている信用組合は、ここから離れることはできません。それゆえにここで頑張ろうとする企業を応援することは、我々に課せられた宿命。

ベンチャー企業は大企業と同じことをしていても、組織力や資金力で敵うはずがありません。それに、99%は失敗に終わるようなハイリスクなことを手がけない限り、イノベーションは生まれないし、存在意義もないでしょう。

私たちが変わっていくことによって、お客さまを変えていこう。

ページの先頭へ