佐治信忠の名言|2位以内に入らないと利益は出ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

どの業界でも、現実には2位以上でないとまともな利益は出ず、事業の永続性が確保できません。少なくとも主力商品は、2位以内に入れるよう努力していきます。何回やっても駄目だった日本茶飲料も、伊右衛門のヒットでやっと2位に入りました。簡単に諦めず、試行錯誤しながら何度も挑戦することが大切です。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どこへ向かうべきか、迷う時代になっています。そういう中でこそ、目先の利益を追求するのではなく、真理の探究の蓄積といいますか、大学が次の時代に向かって、一つの発信源になっていく必要がある。

私はプレゼンテーションでパワーポイントを使う人を信用していません。結局誤魔化しているからです。本当にメッセージをわかってほしいなら、パワーポイントは邪魔になります。

雑談が盛り上がらない場合は、思い切って理由を聞いてみるのも手。

全力を尽くし、自分のすべてをかけたとき初めて、人は物事をなし遂げることができます。もしあなたが何かしらの逆境に身を置いているのだとしたら、それはまさにチャンスです。あながた抱く目標に一直線に突き進むことのできる絶好のチャンスだととらえて、野良犬のように脇目も振らず邁進してほしい

まあいいか、というところで諦めるな。

直観力は人類が受け継いできた本能ですから、活かさないというのは大変もったいない。僕は、作品の骨組みも全部直感で決めていました。理屈、つまりリアリティは後回しです。直感で「あり得ないところ」にまず吹っ飛んで、それを現実にどう橋渡ししていくかに知恵を絞る。それが、何かをつくることだと思います。

欧州で認められると、国内マーケットへの影響は大きい。ニッチでも、エリアをグローバルに横展開すれば市場は拡がる。

ページの先頭へ