佐治信忠の名言|ヒット商品をつくるには感性を磨き現場で感じる必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

調査だけでなく自分で感じないとヒット商品は生まれません。パソコンの情報収集だけでなく、外に出て現場に行き、いまの流行を「現場体感・現場感知」すべきです。そのために社員は、音楽を聴き、絵や映画を観たり、本を読んだりして自分の感性を磨くことに時間をかけて欲しい。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客に求められたら決してNOと言ってはいけない。相手が月を欲しがったとしてもだ。

売れないのなら、開発も加わって原因を検討し、改善の行動を起こします。今はそれがすぐにできる組織になっています。

在宅勤務やフレックスタイム導入などのワークスタイルの改革は、自ら試すという当社の特徴である先駆的精神の表れともいえます。「最新の機器をどう使えば効果があるのか」、お客様にマッチしたシステム設定と優れた機能を引き出すための高度な調整能力が重要です。そのために「自ら試す」のです。

株は忍耐。上がっていく株を見て自分も欲しいなと思っても、忍耐なしに飛び付いたら必ずやられちゃう。いくら欲しくても割高なら下がるまで待つ。それも忍耐だと思いますね。

その都度自ら選択し、結果に責任を持つ。この姿勢をつねに保つことが、周囲の信頼へとつながるのではないでしょうか。

この犬や猫の絵柄がついた付箋紙は、私のコミュニケーションツールのひとつです。例えば社員に読んでほしい記事につけて、一言書き込んで渡します。無地の付箋紙だと業務命令みたいになるけれど、これだと和やかな気持ちで受け取れますよね。

安くても石ころみたいな会社は買ってはダメ。とにかく現在の財務の数字を吟味して、割安にたたき売られた優良株を見つけて買うのです。そして首尾よく買えたなら、旦那になった気持ちで持ち続けるのです。そうしていると、何年かすれば、思いがけず大化けするかもしれません。たとえ大化けしなくても、割安な水準で買っているのだから、毎年の配当収入だけでも十分に満足できるでしょう。

ページの先頭へ