佐治信忠の名言|ヒット商品をつくるには感性を磨き現場で感じる必要がある

調査だけでなく自分で感じないとヒット商品は生まれません。パソコンの情報収集だけでなく、外に出て現場に行き、いまの流行を「現場体感・現場感知」すべきです。そのために社員は、音楽を聴き、絵や映画を観たり、本を読んだりして自分の感性を磨くことに時間をかけて欲しい。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

15年間あたためていた題材を使い、作家人生を懸けた作品が『罪の声』でした。ここまで本が売れるという経験をしたのも初めてでしたし、「塩田は社会派小説を書いていく」という意志を示すこともできた。その後で何を出すかは、ものすごく大事だと思うんです。一人の小説家に与えられるチャンスって何回もはないはずで、ここで外したらあかん。しかも、次の本(『騙し絵の牙』)が自分にとって10作目だったんですよ。

塩田武士の名言|一人の小説家に与えられるチャンスって何回もはないはず


いままで、多くの仕事をしていますが、若いころ必死に取り組んだ経済関係の仕事がベースにあったから派生していけた。これがなかったら私、ただの変態おやじですよ(笑)。

森永卓郎の名言|ベースが大切


伝えたい情報は、実は相手に伝わっていない。社会人向けセミナーで伝言ゲームをやるのですが、皆さんあまりに出来が悪くて、会場は笑いに包まれるのがほとんど。最初のお題の言葉は、良くて半分、悪ければ3分の1も伝わりません。

齋藤孝の名言|伝えたい情報は、実は相手に伝わっていない


私の場合はリクルート時代に、新規事業を1年間に100本、企画書にして提出した経験が、結果として企画立案のいい基礎訓練になったと思います。

江幡哲也の名言|企画を考える訓練をする


そのときに持っている目標を徹底的にやりきれるかどうかが重要です。その繰り返しが、だんだんとその人を成長させていくのだと思います。

松井忠三の名言|いまの目標を徹底的にやりきることが人を成長させる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ