佐治信忠の名言|先行することが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

「来年春に出します」というので、私は「冬でもいいからすぐ出せ」と命じて12月に発売しました。当時、新製品を冬に出すビールメーカーはありませんでしたが、いいものなら業界の慣例に従う必要はなく、早く出したほうがいい。先行することが大事です。
【覚書き|発泡酒を開発し売り出したときを振り返っての発言】


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お声がかかればどこへでも行きますね。そこで出会える新たな人との新たな刺激が、ビジネスの発想にもつながっています。

支援を求める相手は、多くの場合「成功者」です。つまり、自分も若き日に夢と大望を持ってチャレンジをした人です。そうした人物は、熱意ある者にかつての自分を重ねます。周囲の理解を得られぬ中、あきらめず奮闘した経験なども蘇るでしょう。その記憶が心に火をつけ、「応援しよう」という気持ちを起こさせるのです。

人間というのは自分の行動を誰かに見てもらい、認めてもらうということは、明日への活力になる。

アイデアを2本出せと言われて、2本しか考えない人の案が良かったということはほとんどありません。良い案を出す人は、その良い案1、2本の裏で100本は考えているはず。その作業を通して、発想力そのものが鍛えられていく。

成長するためにはまず、「自分は常に他者と比較されている」ということを意識してください。もし、社内での自分の評価を上げたければ、同僚と自分を積極的に比較しましょう。

企画がダメな事業は、いくら修正を繰り返してもダメなのです。ダメとわかれば、その企画はすぐにでも止めるべきです。

専門課程では自分で考えアイデアを生む面白さを知って欲しい。やはり楽しくないと、勉学も研究も長続きしない。

ページの先頭へ