佐治信忠の名言|社内を納得させるためには、テストマーケティングを行う

このエントリーをはてなブックマークに追加

発泡酒を開発した当初、営業部門は「ビールのようなビールでないものが売れるはずがない」と、シェア再開を棚に上げて生意気なことを言いました(笑)。開発した社員は困り顔です。そこで営業を納得させるためにテストマーケティングを実施したらいい結果が出ました。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

20人ほどのチームで2年頑張ったのですが、情勢は厳しく、ときには部下も「選ばれないのでは?」と不安を露わにし、チームの士気が下がったこともありました。しかし、私は「必ず道は開ける」と自分に言い聞かせ、前向きに仕事に取り組みました。最終的にはお客様に選んでいただきました。これが私のキャリアが開けるきっかけになりました。
【覚書き|管理職となってはじめての仕事、大手都市銀行にオンラインシステムを売り込んだ際を振り返っての発言】

赤門塾では演劇や合宿などの様々な課外活動を行っています。共同作業をしているときの子供たちの様子は、なんとも魅力的なのです。彼らはその場で様々なことを相談し合い、助け合いながら、ひとつの作業を成し遂げていきます。また、塾のOB・OGの高校生や大学生がやってきては、塾での活動を生徒たちと一緒になって盛り上げてくれます。そうした共同作業の中で彼らが見せる表情が実に魅力的なのです。

大企業だから、学歴が高いから。冠だけで価値を判断される時代は本当に終わった。そんな時代に上にあがれるのは、「自分の思いを貫き通す」人間。

偶然を計画的に導く5つの行動方針

  1. 好奇心……新しい学習の機会を絶えず模索し続ける。
  2. 持続性……失敗しても諦めずに努力し続ける。
  3. 楽観性……「必ず実現」する、「可能になる」とポジティブに考える。
  4. 柔軟性……こだわりを捨て「信念」「態度」「行動」を変える。
  5. 冒険心……結果が不確実でもリスクをとって行動を起こす。

素晴らしい挨拶をするための要素は「低・賞・感・微・名」の5つ。頭を低く下げる、相手を賞する(ねぎらう)、感謝を表す、微笑みで接する、そして相手のお名前で呼ぶこと。

上司や部下と互いに認め合えず、イライラしてしまう時は、相手の良い面を見つけるように意識しましょう。そしてこちらから先に褒めてみる。褒められて嫌な気になる人はそうはいないはず。

お客様は、モノを買うという行為を通じて、幸せになりたいのです。単にモノを手にするだけではなく、買うという行為を楽しみ、ハッピーになりたいのです。お客様自信がそこまで気づいていない場合もあるので、セールスの側に、お客様が満足感やワクワク感を味わうお手伝いしたいという姿勢が必要です。それがないと、単にモノを売買するという平凡な商談で終わってしまいます。

ひとりひとりのお客様におもてなしの心を込めて対応していきたい。それは日本古来の文化であり、お客様を第一に置いている当社の企業理念そのものです。相手に対する思いやりの気持ちを持って良質な住宅を提供すれば、お客様とのつながりはより強くなっていきます。

「先送り」という言葉は悪い印象がありますが、「迷った時の決断は間違いやすい」という前提に立てば、決めずに先送りにする判断が正しいと言える場面も少なくありません。先送りにして根本から状況や問題を見直すと、フッと自然に決断できることもあります。

創業当時は自分も含め誰もがモノと情報がなくて困っていました。ファッションで言うと、どこに行って買えばいいのか分からず、いろいろな場所を駆けずり回ったものです。今はモノと情報が溢れていて何が正しい選択なのか分からないという、かつてとは逆の状況になっています。ビームスを創業した当時は「こんなものがあるよ」と、消費者が見たことのないものを提示するのが我々セレクトショップの役目でした。今は情報の整理屋になることが求められていると考えています。

ページの先頭へ