佐治信忠の名言|社内を納得させるためには、テストマーケティングを行う

発泡酒を開発した当初、営業部門は「ビールのようなビールでないものが売れるはずがない」と、シェア再開を棚に上げて生意気なことを言いました(笑)。開発した社員は困り顔です。そこで営業を納得させるためにテストマーケティングを実施したらいい結果が出ました。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勝つためには泥くさいことを積み重ねていかなければならない。

感情の振幅を小さくすることも重要です。嬉しいことがあったときに喜びすぎる人は、嫌なことがあったときに落ち込む度合いも大きいのです。喜びすぎないことが、落ち込みすぎないために必要だと思っています。振幅は小さく、トータルしてみると少しプラスの感情が上回る、というのが理想です。

いつも余裕のない状態で仕事をしていると、それを見た上司から「スピードが上がるまでは、いまの仕事に専念してもらおう」と判断されます。そして新しい仕事がもらえなくなる。つまり、新しい経験を積むチャンスを失ってしまうのです。ですから、仕事に追われていると感じている人は、上司の力を借りてでも解決のスピードを上げた方がいいと思います。そうして数をこなせば、自分の実力も上がってくるはずですから。

話し上手が恋愛上手だと勘違いしている人もいます。「話すのが苦手だからモテない」と思い、無理してしゃべりまくってしまう人もいます。でも、これは逆効果。一方的なコミュニケーションでは相手はげんなりし、心のシャッターを閉じてしまいます。

メールの受信箱に何千通ものメールをためている人がいますが、これは非効率なのでやめるべきです。重要なメールが埋もれてうっかり見落とす原因になり、仕事の抜けモレにつながります。理想的なのは、その日の仕事が終わるときには受信箱がゼロになっていること。そのためには、メールを受信したら、すぐに処理できるものは2分以内に処理し、処理済みのメールは別のフォルダに移してアーカイブします。このとき分類は必要ありません。処理に時間のかかるメールについては、いつ処理するのかをスケジュール帳やTODOリストに記入したあとでアーカイブ。特に返信の必要がないメールはそのまますぐアーカイブします。この3つを徹底すれば受信箱ゼロを実現できます。抜けやモレのない仕事ができるとともに、先送りも減らせるのではないでしょうか。

僕が会社を立ち上げて、一年ほどたってようやく事業戦略について落ち着いて考えられるようになったのですが、そのとき強く意識したことは「いま流行っているサービスをいまやっても遅い」ということです。

睡眠時間はアウトプットや仕事の効率に直結する。お金持ちは睡眠の質と量にはこだわる。

逆境にあっても「会社が好きだ」「会社を残したい」という強い気持ちがあったからこそ、「修羅場」「土壇場」「正念場」という三つの「場」を乗り切ることができた。

自分の任期中に成功させる事業だけを考えていては駄目なんです。自分の任期を超えて、事業を持続的に成長させなければいけません。5年先、10年先を常に考え、結論を導き出し、決断することができるのは社長以外にいませんから。

挫折してもそれを糧にしようとする姿勢が身についていれば、ゴールを追求できる。

人間の心理は、不安があると続けるのもイヤになるもの。しかし、日記を書くことによって目標と自分自身の心理状態とを常に確認していれば、続けていることへの充足感が生まれて、不安感からは解放されるんです。

現在、事業が横に広がりすぎていますから、もう少し集約していかなければならないと考えています。ローカルでは、事業がどうしても横へ横へ広がる形になりますから。

ぺしゃんこに潰されるのは嫌だから、「この野郎」という気持ちで挑戦し続けてきた。

ページの先頭へ