佐治信忠の名言|社内を納得させるためには、テストマーケティングを行う

発泡酒を開発した当初、営業部門は「ビールのようなビールでないものが売れるはずがない」と、シェア再開を棚に上げて生意気なことを言いました(笑)。開発した社員は困り顔です。そこで営業を納得させるためにテストマーケティングを実施したらいい結果が出ました。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

実際にメールを返信するのはデスクに戻ってからですが、携帯にメールを転送しておき移動中に返信内容を考えます。考えがまとまっているせいか、こちらの方が速く書けます。こまめにチェックしてその都度返信するのではなく、何通かまとめて書く方が効果的です。

小山龍介の名言・格言|携帯にメールを転送し、返信内容を考えておく


企画会議などでは、アイデアを通したい気持ちが出過ぎて、不都合な事実をあえて記載しない資料を用意してくる人もいます。そんなな人を騙すような資料でも、疑いを持たずに真に受けてしまう人がいるから困ります。資料には思考の整理や理解を助けるという利点がありますが、一方で思考の枠を狭めたり、停止させてしまう危険性を秘めていることも覚えておきましょう。

藤田晋の名言|資料の長所と短所


サービスを提供する前に、環境を整える必要があった。すなわち、テレビメーカーとの技術的統合だ。担当者がソニーや東芝などと交渉を続け、リモコンにネットフリックス専用ボタンが搭載された製品を開発してもらった。

グレッグ・ピーターズの名言|サービスを提供する前に、環境を整える


お客様に断られたときが、イエスをいただく本当の勝負の始まり。営業の現場でメンタルが相当鍛えられました。自分の性格を変えてくれる職に出会え、自分の可能性を自身で見つけることができた。

斉藤徹の名言|お客様に断られたときが、イエスをいただく本当の勝負の始まり


過去、現在、未来の区別は、どんなに言い張っても、単なる幻想である。

アインシュタインの名言|過去、現在、未来の区別はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ