佐治信忠の名言|生き残るために何でもやる

総合食品企業化は我々のメインブランド「オールド」が売れなくなったからなのです。サントリーは「オールドの会社」と言われ、83年には、約1200万ケース売れていたのが、80年代末には4分の1になり、縮小する一方でした。一本柱が細って会社が存続するかどうかわからないという危機感・恐怖心を味わった90年代初頭から、それこそ、できることは何でもやろうとしてきました。やらないと生き残れませんでした。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もとから起業したいと思っていたわけではありません。治療する薬がない。そして誰もつくろうとしていませんでした。ならば私がつくるしかないと思い、起業に至ったのです。

窪田良の名言|誰もつくらないなら私がつくるしかない


人は何かひとつのことに気狂いにならなければ、とうてい人並み以上にはなれない。

御木本幸吉の名言|ひとつのことに気狂いになる


課題がわかると、結構何とかなる。自分一人じゃありませんから。副社長がいて、常務・専務がいて、世界中に社員がいて。そこはみんなの力を借りればいいわけですけど、経営者の最大の宿題というか、ミッションは、「何が課題なんだろう?」って考えること。

小泉光臣の名言|課題がわかると、結構何とかなる


近頃の世相を見ると寒心にたえない。自分が生まれ、そして育った肝心の日本の良さや美しさをロクに知ろうともせず、いたずらに西欧の流行だけを追っかけているようだ。間違った話である。

河田重の名言| 日本人は日本の良さや美しさを知れ


本人にとっては重い案件だけど、経営者にとっては一瞬で意思決定できるというケースはよくあります。そのときに、経営者の側が「これは考えた末の決定なんだよ」ということを見せることが重要です。

森川亮の名言|相手のことを考えて接することの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ