佐治信忠の名言|これから企業が生き残るためのポイント

高齢化や人口の減少のために酒類業界は大変で、国内市場の先行きは決して明るくありません。いかに付加価値のある商品をお客様にお届けして利益を上げるかが、生き残るポイントだと思います。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一番ダメなのは、「分かったふり」をすること。「分かっています」という態度を取っていると、そこから何の発展もない。成長する人は、既に知っている話題が会話に出てきたとしても、初めて聞くようなふりをして話を発展させ、新たな情報や考えを得ています。

人は認知に限界があり、ごく周辺しか見えない。いろいろな人から話を聞くことで新しい気づきを得る。

現状をどう発想を変えて乗り越え更に良い物を作るか、とポジティブに考えることが大切。

ビジネスにおいてあまり感情を出してはならないというような話がありますが、私はそれとは正反対で、感情のほうが大事だと思っているんです。例えば、もし自分が嫌いな人だったらその人が上手く行っていても素直に受け入れられないものです。つまり、ビジネスにおいては感情のパワーはとても大きいので、採用のときも、「この人と一緒に働きたいか」とか、「この人が大変なミスをした時に許せるかな」ということはいつも心のなかで考えています。

ビジネスの時流をつかむには自分なりのアンテナを持つことです。そのためには、自分の足で歩かなきゃいけない。世の中に起こっている様々な現象を直接見て、触れなくてはダメです。私も時間があれば町に出て、あちこち歩き回っています。

専門家を動かすために我々がやるべきことは、事業全体のビジョンを見せることです。そのうえで、「この部分を任せたいのですが、どんなことができますか?」と投げかけて、相手の知識やノウハウを引き出していく。そして、「こんなアイデアはどうだろう」「あんなこともできるかもしれない」と相手が提案するなかから、消費者に響きそうな提案をひとつひとつ拾い上げていくのです。「それ、面白いから、ぜひやってみましょう!」と相手に任せることで、相手が自ら動くように導くことができます。

頑固な奴じゃないとレギュラーにはなれないハイレベルな世界でもあります。皆の言うことを全部聞いていたら、自分をつくれませんから。自分という芯があって、アドバイスを受け入れるかどうかを選択できる、それが選ばれたプロに必要な姿勢です。

毎週自分でよかったな、ありがたいなと思うことを5つくらいメモに書き留めます。ひとつひとつの状況を思い浮かべ、嬉しい思いに浸る。私自身、いいことを探す回路を習慣づけ、いい運を引き寄せています。

プロである以上、当然優勝が目標だった。

各部門には何年までに何%のコスト削減といった具体的な目標を立ててハッパをかけました。というのは自由化、競争は嫌だ嫌だという逃げの姿勢でなく、競争に積極的に「立ち向かおう」といってやってきたんです。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】

ページの先頭へ