佐治信忠の名言|理屈をあれこれ考えるよりも、やってみないとわからない

このエントリーをはてなブックマークに追加

祖父の鳥井信治郎は、叩き上げでワイン、ウィスキーづくりにアジアで初めて挑んだように、挑戦することが人生の目標でした。「やってみなはれ」には、頭の中で理屈をあれこれ考えるよりも、やってみないとわからない。何事もやってみて初めて結果が出るという、祖父の人となりがよく現れていると思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社員である以上、会社に貢献すべきです。そして、年次が上がるごとに、「その分野では誰にも負けない」という強みを持った方がいい。そうして自分をブランド化していく。

月によって違いはありますが、今は1週間から10日は海外事業のために時間をブロックして約束を入れない日を作り、いつでも海外に行ける態勢にしています。

ビジネスコーチングの世界では、ルーティンな作業でモチベーションを保つという手法はよく使われます。「手をグーにして頭より上に上げてエイエイエイと3回言う」「チョコレートなど、とっておきの好物を用意しておき、行き詰まったときに1粒食べて考える」といったことも有効。

プロの機関投資家や投資銀行でも、実は1人が担当している範囲はせいぜい4~5社で、手分けをしています。そこから考えれば、本業の空き時間に投資をしている人には2~3社が限界。ムリに分散投資をする必要はありません。

読書から何かを得られるかどうかは、読み方次第です。ミリタリーものに仏教系にと脈絡はなくても、日ごろから問題意識を持っていると、これはと思う大切なことが自然とひっかかってきます。どんなに多くの本を読んでも、問題意識がなければ何も残りません。

体調管理のために、週2回のジム通いも欠かしません。トレーニングの日は、バッグにスポーツウエアを入れて出勤します。

僕とかかわった人が一緒にできてよかったと思ってくれて、なおかついい作品ができたら最高です。なかなかそうはいかない。でもそれができればハッピーですよね。だからそれが可能な自分なりの方法を模索していきたいですね。

ページの先頭へ