佐治信忠の名言|理屈をあれこれ考えるよりも、やってみないとわからない

このエントリーをはてなブックマークに追加

祖父の鳥井信治郎は、叩き上げでワイン、ウィスキーづくりにアジアで初めて挑んだように、挑戦することが人生の目標でした。「やってみなはれ」には、頭の中で理屈をあれこれ考えるよりも、やってみないとわからない。何事もやってみて初めて結果が出るという、祖父の人となりがよく現れていると思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

以前の子供は叱られて伸びる「叱られ世代」でした。一方で、今は褒められると頑張る「褒められ世代」になっています。いまの子供たちには、いかに成功体験をつくってあげられるかが大切。

損害保険会社がなぜ介護事業をやるのかと、よく言われます。でも、施設の整備のような場面では、資本力を生かすことができるし、IT活用など仕事の効率を上げるノウハウも使えます。独立系の多い従来の介護会社とは異なる力を持ち込めると思っています。

お客様の利便性を高められて、かつ私どもも効率が上がると。こういう仕組み作りが求められる。効率が上げられることはコストも下げられるし、結果的にお客様もリーズナブルな形で、ご利用できるという形になっていく。

私の今年のテーマは夢を喰らう。夢は見るものではなく、食べて実現するもの。

損得を計算して人脈を築くという行為は、ウィークタイズ(弱い結びつき)を築き、維持することと、全く似て非なる行為。

新しく挑戦して欲しい、失敗しても構わない。挑戦した結果の失敗は、経営側も受け止める覚悟がありますし、この規模の会社になれば、受け止めることができる。

月によって違いはありますが、今は1週間から10日は海外事業のために時間をブロックして約束を入れない日を作り、いつでも海外に行ける態勢にしています。

人には可能性があります。その花が咲くまで士の中で眠らせたままにするのか。それとも咲き続けさせるか。我々がその後押しをしていきたい。

自分の好きな仕事を、自分の長所だと錯覚して失敗する人は非常に多い。結論を言えば、自分の本当の長所は、じつは自分では見つけにくいものなんです。必要なのは自己評価よりも、第三者の評価。実際に、1億円稼ぐ人たちに共通しているのも、他者の評価を最重視しているということなんです。

零細企業でしたから、ときには取引先から非常に高圧的な対応をされました。悔しさをバネに「いまに見てろ」と思っていました。大手になると力を盾に尊大になる会社は多いですが、取引先やお客様に高飛車になると、相手の中に作らなくてもいい余計な敵対心を生みます。会社が大きくなっていくとき、社員に「謙虚に」「威張るな」と常々言ってきました。

ページの先頭へ