榊原定征の名言|大企業に勤めていても危機意識を持ち続ける重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が社長に就任した前年度は創業以来の危機的状況でした。立ち直るために「新しい東レをつくろう」と改革を始めて以来、私は意識改革を唱え、「大企業でも潰れることがある」という危機意識を持ち続けようと言いました。


榊原定征 の経歴

榊原定征、さかきばら・さだゆき。日本の経営者。東レ会長。愛知出身。名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。経営企画室長、取締役、技術センター所長、専務、副社長などを経て社長に就任。日本経団連会長、日本化学繊維協会会長、内閣府総合科学技術会議議員、商船三井社外取締役なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

サラリーマンの方も「その道を究めよう」と働いている人は、みんな職人だと私は考えています。自分は職人だという心構えで日々の仕事に向き合ってはいかがでしょうか。

ストレス解消法はお菓子をつくることと、考えても仕方ないと思ったら眠ることです。

世の中には絶対はなく、大きな流れの中で本当に評価される仕事だけが残っていきます。

自分が人生かけてやってきた、一番時間を費やしてきた、一番自信を持って勝負してきたことで、精神的に一段上に上がれるチャンスができたわけですから、それは辛いこともありますけど、だからこそ面白いし、ドキドキできるんです。

これは私の経験ですが、30代後半から社内ではなく社外にネットワークが広がりました。尊敬できるロールモデル(お手本)となる人にたくさん出会えたんです。得意分野を教え合えるような仲間も増えました。それはなぜかというと、自分に語るべきサムシングができたからです。中身がないと人とは話をしてもつまらない。成功・失敗に関わらず、一生懸命仕事をして経験を積んできた人は話をしていて面白い。見のある話をできるようになれば、人脈をつくろうなどと考えなくても、自然とネットワークは広がります。

私は、小学校4年生のときに目をケガしまして、今もう左目がまったく見えないんです。まさに独眼竜。そのころはどうしようもないガキ大将で、本なんかまったく読まなかったんですが、何回か入院をしまして、病院でじっとしていなきゃいけなくて、これが辛くてですね(笑)。で、しょうがなく本を読み始めたんです。そうしたら、はまりましたね。『十五少年漂流記』とか、夢中になって読みました。ですからもう、私は本に救われましたね。ケガをしたからよかった。何が幸いするかわかりません。

重要なのは、自分の居場所に根を張りつつ、最先端にもアンテナを張っておくこと。そういうバランスの取れたマイペースさこそが大切。

逆境にあったり、挫折し絶望しているという人に私はいつも、そんな環境にあるからこそ、いましっかりと目標を胸に刻むよう勧めます。蔑まれ、侮られ、どん底で胸に強烈に描くことのできた目標は、あなたに大きな力をもたらすのです

プラットフォームビジネスを成功させるには、必ずひとつの鉄則を守らなくてはなりません。それが「独り占めをしない」ということです。ヤマトグループが各社の持つ機能を合わせれば、サプライチェーンの川上から川下まで、極めて広いサービスを提供することができます。ですが、だからといってすべての機能を独り占めするつもりはありません。ひとたびプラットフォームを築けば、その上にライバルや異業種、自治体などの様々なプレーヤーが乗った方がいい。プラットフォームビジネスでは協業という考え方が重要です。

「どうにかなる」という考えでなく、「どうなるか」を研究し「どうするか」の計画を立てて実行することだ。

ページの先頭へ