下村節宏の名言|いっそう努力し、さらに上を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ登りつめたわけではないですから、さらに上を目指します。いっそうの努力が必要です。


下村節宏 の経歴

下村節宏、しもむら・せつひろ。日本の経営者。三菱電機社長・会長。鳥取県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、三菱電機に入社。自動車機器事業本部長、取締役自動車機器事業担当、常務取締役自動車機器事業担当、常務取締役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、上席常務執行役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、代表執行役執行役副社長ビルシステム事業担当などを経て社長に就任した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今まで私はいろいろな人に助けられてきました。そうした経験を踏まえて、自分は自ら生きているというよりも、生かされているのだと感じるようになりました。

失敗の原因を自分以外に求めていては成長するはずがない。

単純作業や決まりきったルーチンワークであれば、交換条件付き(こうしたら、こうしてあげる)の動機づけでも効果的に働きます。しかし、現代の先進国におけるホワイトカラーの仕事は、内容が複雑で、なおかつ創造性を求められるものがほとんどです。この手の仕事を交換条件付き動機づけでやらせようとすると、効果がないどころか、逆にやる気が萎えてしまいます。

日本では嫌な相手に買収されるくらいなら、月給を倍にしてくれても辞めますと言う人もいる。会社のオーナーが誰かということは極めて大事なことなんです。もちろん、会社は誰のものかといったら、本来は株主のものです。ところが従業員が辞めていなくなってしまったら、会社の存続が危うくなる。日本人の国民性が変わるなら、企業買収のあり方も変わってくるでしょう。

実際の交渉にあたっては、いつも自分自身に問いかけたものです。「自分がやろうとしていることは本当に正しいのか?」と。頭の中で繰り返し反芻し、確信を持ったうえで交渉に臨むように交渉に挑むよう心がけました。そうすれば、どんな場面でも発言がブレが生ずることはありません。

グローバル化が進み、コンプライアンスがますます重要になるなどビジネス環境が急速に変化かつ複雑化する中で、企業トップには、スピードを上げて戦略を策定、実行することが強く求められるようになりました。大きな夢、ビジョンを示し、それに社員全員を巻き込み、戦略を実行し、成果をあげなければなりません。

いい大学を出た人間は、おおむねプライドが高い。社会に出て、そのプライドの高さを、能力を伸ばす方向に使ってくれればいいのですが、難関大学に入ったことが人生の頂点になっているようでは駄目です。自分はまだまだ向上する存在だと思っていなければなりません。

自分が頑張るのが上司ではない。部下の力を最大限に引き出すのが上司の仕事。

世間を相手にやろうと思ったら、世間が認めるような形にしなきゃまずいですよね。

経営計画について、社員にきちんと説明することはもちろん重要です。しかし長々と話せば話すほど、逆に焦点がぼやけ伝言ゲームになるリスクが高い。私の発したメッセージが現場に届くころには変質してしまうこともあります。しかしワンワードの単語なら変わりようがありません。そこで一語に思いを込めました。

ページの先頭へ