下村節宏の名言|自分の力以上のことはどうにもならないので気にしない

このエントリーをはてなブックマークに追加

元来、そういったことを気にしない性格で、自分の力以上のことには、「ならんわなぁ」とずっと思っています。
【覚書き|社長就任要請を受け、プレッシャーに感じなかったかと質問されたときの返答】


下村節宏 の経歴

下村節宏、しもむら・せつひろ。日本の経営者。三菱電機社長・会長。鳥取県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、三菱電機に入社。自動車機器事業本部長、取締役自動車機器事業担当、常務取締役自動車機器事業担当、常務取締役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、上席常務執行役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、代表執行役執行役副社長ビルシステム事業担当などを経て社長に就任した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

交渉の場で注意深く聞くだけでは足りません。質問をうまく活用して、相手の本音に迫ることも大事。

経営管理の手法やノウハウは、当社が東京ディズニーランド開園以来、30年かけて独自に編み出してきました。米国と日本では市場や顧客の特性が異なるため、米国のデイズニー流をそのまま日本で受け入れても通用しません。

ニュース番組を観るときは、漠然として観ているのではなく、必ず自分の意見を持つようにしましょう。ひとつのテーマに対して、肯定する材料、否定する材料を見つける習慣が身につき、話題を広げられるようになります。

仕事がなくなり住居を失うだけでホームレスにはなりません。ただ、最後に頼れる人がいたら、違った可能性があったかもしれません。身近な絆がなく、ひとりぼっちになってホープレスに陥り、人はホームレスになるのです。

隣の人は別の「個」を持っているわけで、違った人間同士でコミュニケーションを取ろうとしたら、お互いの違いを認め合ったり、相手の考え方を尊重したり、言葉で相手を説得する力、つまり論理性を身につけたりする必要がある。

いま、富める者は、必ずといってもよいほど、その前から徳を積んだものである、もし麦を蒔かなかったら、来年は麦がまったく実らない。麦の実りは冬から力を入れてきたからである。稲を仕つければ秋には実る。米の実りは、春から丹精して(心を込めて励んで)きたからである。

新事業でうまくいくのは10のうち3つくらいだろう。だが、不振だからといってやめてしまえば、何十年か後に会社を支える柱がなくなってしまう。目先の収益のために投資や研究開発を絞らざるを得ないとすれば、それはメーカーにとっては危険な兆候だ。

仕事を楽しくやれば、お客様に対する顔も明るくなります。仕事への自信も出てきます。顔の引きつった営業マンからモノを買う人はいません。楽しそうに仕事をしている人からモノを買いたいのです。だから、楽しくやる余裕が必要です。

情熱を育むために心がけているのが、社員のモチベーションアップです。これはリーダーにとって極めて重要な責務です。だから、とくに社員のアイデアを却下するときは必ず明確に理解できるまで説明します。

ビジネスの壁にぶつかった時期に運動を始めました。最初は部下から皇居ランに誘われたのですが、たったの2kmで持病のぜんそくが出てリタイア。当時は仕事が苦しすぎて(笑)、もっと苦しいことをやれば、仕事が楽になると思ったんです。私はハマリ症。どんどん打ち込むようになり、昨年はトライアスロン世界選手権大会の日本代表に選ばれました。

ページの先頭へ