下村節宏の名言|歩みを止めずに目標達成を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

「カタツムリの歩み」という言葉に惑わされて「気が長いんですね」と理解する人もいるのですが、そうではありません。目標達成に向けた不断の歩みが、北村西望の心を動かしたのです。
【覚書き|下村氏の座右の銘である彫刻家北村西望の「たゆまざる 歩みおそろし かたつむり」という句を解説した言葉。この句は西望が平和記念像をつくった際、像の足元にいたカタツムリが翌朝に9メートルの高さの像のてっぺんにいたことについて感嘆してつくった句】


下村節宏 の経歴

下村節宏、しもむら・せつひろ。日本の経営者。三菱電機社長・会長。鳥取県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、三菱電機に入社。自動車機器事業本部長、取締役自動車機器事業担当、常務取締役自動車機器事業担当、常務取締役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、上席常務執行役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、代表執行役執行役副社長ビルシステム事業担当などを経て社長に就任した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大量の仕事を抱えた部下に急ぎの仕事を命じたり、優先順位をあいまいにしたまま複数の仕事を頼んだりすると、部下はたとえ指示に従いたくても従うことができなくなる。そういうときは部下の現在の状況を把握するように努めたり、仕事の背景や重要度を丁寧に説明したりすればいい。

企業の新規プロジェクトでは「時間が最優先」で臨むことが多いけれど、それだけが成功への道ではない。お金も人も限られているなら、恐竜の足元で賢く生き延びた小さな祖先たちのように、「小型の生き物だけが生存できる環境を見つける」「どうしてもダメなら冬眠してやり過ごす」くらいに開き直ることも必要でしょう。

忙しい日常の中から、自分だけの勉強時間を捻出するには、通勤時間を目いっぱい活用するためにあえて会社から遠い場所に住むという方法があります。会社の近くに住むのは確かに便利なのですが、すぐ帰れるからと、つい飲みに行ったり、出社時間に間に合うギリギリまで寝てしまったりすることになりがちです。しかし、あえて会社から遠い場所に住めば、帰宅時間に敏感になりますし、嫌でも早起きする習慣が身につきます。

自分に対しては、常に厳然としてつつしまねばならぬことは何よりも必要のことであるが、自己以外の人に対しては、あくまで清濁併せ呑むという寛容さを失ってはならない。

自分を変えようともがいていた時、「自分は何者か」「どんな人間なのか」と自分探しをしていました。書店に行くのも、自分を探すためかもしれません。「私は何をしたいのか」「なぜ落ち込んでいるのか」「何が足りなくてどんなふうに変えたいのか」といった、その時の自分の心情を把握して乗り越える方法を、本の中の言葉から探しています。そうやって今の自分を知れば、様々な要因で心が乱れても、冷静に考えられる。弱い心に屈しないことにつながるのではないでしょうか。

部下が不満を感じるのは、処遇の差より、機会の差でしょう。結果で差がつくのは仕方ないが、実力を発揮するチャンスは平等に与えて欲しいというわけです。

情熱を絶やさずに目標に取り組み続けていると、蓄積されたものが、ある一定の量に達したとき、ヒラメキという女神が微笑んでくれることを体験的に理解できます。

グローバル化が進もうとも、我々は伝統精神を忘れてはなりません。

「こちらが仮にひとつに集中し、敵が十に分散したとする。それなら、十の力で一の力を相手にすることになる(孫子 虚実篇)」これを各個撃破の原則という。巨大でとても敵わない相手でも、小さく分散させたうえで、個々に戦うよう仕向けられるなら、最終的な勝利を得られるというのだ。古今の名将が勝利の切り札とした戦い方だ。

私も、先輩方から「それは違うよ」と教えられながら、何度も何度も繰り返すことで少しずつ技術が身についてきたのだと思います。その先輩方から「わかりやすいニュースを読むようになったね」とおっしゃっていただけるようになったのは、30代後半を過ぎた、つい最近のことです。

ページの先頭へ