フィリップ・コトラーの名言|あらゆるものがブランド

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆるものがブランドであり、あらゆる人がブランドである。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

政策は公約を掲げて、不退転の決意で取り組むことが大事。そのうえ今は行政も国際競争の時代ですから、スピード感がさらに求められる。

私の授業でも、講義の後に質問の時間を設けます。このときに「なかなか鋭いことを聞くな」と感じる質問には、こちらも聞かれたこと以上に、答えたくなってしまうもの。このように、相手が思わず話したくなってしまう聞き方、というものがあるんです。つまり、いい答えが出るかどうかは、質問次第とも言える。

少し技が不足していても、能の本質をよく理解している役者のほうが、一座を背負って立つ棟梁としては勝っているというべきであろう。

人を育てるうえで、一番大切なことは何でしょうか。それは信じて責任を与えることです。簡単なことをやらせるのではなく、難しいことをどんどん任せる。それが人材を鍛えて、能力を引き出すカギになります。

「何も知らないよそ者がうっかり進めちゃった」ということが、何かを変えるエネルギーになったのではないか。

相手の判断の先取りをやめるには、「相手がどう判断するかは相手次第で、自分ではどうすることもできない」と考えるようにしてみてください。仕事を断ったり頼んだりしても、非難されないかもしれません。それにどんなに頑張っても相手の期待に沿えなければ非難されることもあるものです。

社内での実験結果は貴重な財産であり、成功・失敗にかかわらず記録を残しておくことで明日への糧となります。

自分の意見と違う論調の新聞って、読むのに抵抗感があるという人もいるでしょう。でも逆に、それを面白がるという発想が必要だと思います。「こんな見方ができるんだ」と思って読めば、新たな刺激になりますよ。

企業にとっても逆境の方がいい。なぜなら、他の企業と差が付きやすいからです。たとえ利益が出なくても、不景気の時に次の成長の種を仕込んでおくのが、一番効率がいい。

「自分ならどうするか?」をつねに思い続けることが大切です。たとえばテレビドラマを観ているとき、自分が登場人物なら、今、どう行動するか? また、上司の営業に同行したら、「自分ならどう話すか」と、上司の術を盗みつつ、つねに自分に置き換えて考えることを習慣づける。さまざまな局面で、「自分なら」を思うことが、考える練習になるのです。

ページの先頭へ