フィリップ・コトラーの名言|歴史を知る重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来を見通すためには、歴史を知らなければなりません。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しいイノベーションを自社だけで創出するには限界があります。企業が、社外のベンチャー企業などに投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)でイノベーションを取り込むことも有力な手段の1つであり、M&Aの1類型といえます。

何かを成さんと思うとき、そこには必ず定石というものがあると思うのですが、それはあくまで過去のものであり、状況は必ず変化しているはず。そこを考慮せずして未来には進めません。

優れた仕事をした人が成功を手にするべきだと、良い子は考える。ルックスや口のうまさで成功するなんて、考えてもみない。だから、口が上手いだけの人、ましてルックスだけの人がいい思いをすると愕然とする。でも現実には、きちんと基準をクリアしてもお望みのクラブに入れないとは限らない。メンバーにふさわしい外見と言葉を持っていないと、仲間にしてもらえない。

必ず業界トップになるというこだわりは持ち続けなくてはいけません。

人間の偉大な発明や発見は、すべてモノマネから生まれた。独創的なものなんてほとんどない。人間の脳で考えられることなんて、たかが知れている。物事をたくさん知っていれば、連想が働いてアイデアが浮かぶ。

組織や会社を越えて多くの人間が関わり、利害関係も様々なプロジェクトを立ち上げる際、私はよく「セイムボートだよ」という言葉を使いました。我々は皆、同じボートに乗った共同体です。始まったらできるだけ情報をオープンにしてコミュニケーションを深めていく。問題はあちこちで起きるものです。それに対し、責任を押し付け合うのではなく、全体で協力し合って立て直さなければなりません。

一所懸命に考え、頭を使って工夫を凝らす。ビジネスで何が楽しいかというと、まさにそこです。

ページの先頭へ