フィリップ・コトラーの名言|どれだけ顧客の深層心理に迫れるかが勝負

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代のマーケティングは、どれだけ顧客の深層心理に迫れるかの勝負です。マーケティング部門は数字をいじり回しているだけでは存在価値がありません。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

作業時間を短縮する5つのステップ

  1. 仕事は得意なこと、好きなことから手をつける。
  2. 集中力が途切れたら、メールなどの単純作業を処理。
  3. 上司や部下から仕事を頼まれたときは、1回断る。
  4. 予定通りに仕事が進行していないと感じたら、周りの人の意見を聞く。
  5. 帰社する前に必ず1日の進捗状況をメモして、整理する。

朝、脳を目覚めさせるときは、体を動かして脳に血液をめぐらせることをお勧めしますが、夜は逆です。脳に強い刺激を与えると、脳に血液が上がってきて頭が冴えてしまいます。夜9時以降の食事も控えた方がいいでしょう。食事をすると、胃の周辺に血液が集まるので、逆に手足が冷えてしまいます。

いま70代になってわかったのは、行く手が二つに分かれていることです。一方の道は人生でそれなりに成功し、そのご褒美に別荘を建てて、のんびりと余生を過ごす「老人」。片方は、自分がじいさんだとは思わない「年寄り」なんです。僕は老人にはなりません。やっぱり年寄りです。だって、こっちは「年が寄って」きたら、身をかわせばいいから。それで僕はいま大学に通っているわけです。

失敗?もういっぱいあります。失敗と成功の繰り返しです。

私にとってのイノベーションとは、お客様の生活や状況に、偉大な利益の増大や改善をもたらし、なおかつ、お客様から感謝され、価値を認めてもらえるということ。

私や女将が率先してシステムを使い、スタッフが積極的に使えるような雰囲気を意識的に作る努力をしました。見積書の承認や発注・修理依頼など各種書類の決裁を社内チャットでしか受け付けないような運用に変えたほか、会社の経営方針などを紙で配付するようなこともやめました。とくに一番効いたのは勤怠管理ですね。これをしなければお金がもらえないわけですから、高齢者でも一生懸命やり方を覚えます。

たとえば、自分の業務である「営業」という軸がしっかりしたところで、「英語」ができると強みになります。

手帳には仕事の開始時間だけでなく、終了時間も明記すること。「13時~ 企画書の作成」ではなく、「13時~15時 企画書の作成」などと、締め切り時間まで記入しないと、ダラダラと作業を続けがち。外出の際はアポの時間だけではなく、移動時間も書き込みましょう。こうして一つひとつの行動にかかる時間を「見える化」することで、自分の持ち時間が目に見えるようになるのです。

暴利を貧るな、でも適正な利益は確保しろ。

特定の言葉をお互いに知っていると、「この言葉を使っても大丈夫」という安心感から仲間意識が生まれまる。

ページの先頭へ