フィリップ・コトラーの名言|違う視点から市場を見つめ行動することがマーケティングの真骨頂

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆がマイナス思考に陥っているときにこそ、違う視点から市場を見つめ、大胆に行動することこそがマーケティングの真骨頂なのです。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「考えても仕方がないことは考えない」。これを心がけて、「今できることは何か」に集中するようにしていました。

各企業は自社の顧客に関するデータベースを持っていても、本当に知りたいのは競合他社の商品を買ったお客とその理由。

自分を褒めると、またいいことをしたいと、やる気が満ちてくる。

休日はほとんどないけれど、社員との会話が一番のリフレッシュです。

「整理」とは言っても、大きく3つのステップに分かれます。まずは「減らす」。次に「整理する」。最後に「維持する」。

つかんだ情報から生まれた知見やアイデアをビジネス展開していくときには、果断な決断力と最後までやり抜く行動力が必要となります。

根も葉もない噂を広める人に対して避けたいのは直接対決。「噂話を流すのはやめろ!」とダイレクトに怒りを表明すれば、妬みの感情を助長して火に油を注ぐようなもの。誹謗中傷がエスカレートする可能性がある。

ページの先頭へ