フィリップ・コトラーの名言|市場の変化とは顧客の行動の変化

このエントリーをはてなブックマークに追加

市場の変化とは、本質的に顧客の行動の変化です。いままでは何気なくお金を使っていたけれど、これからはそうはいきません。新しい価値をどこに見出していくのか、何が大切だと考えるようになるのか。顧客の動きを察知し、景気後退期における価値の再定義を急がなければなりません。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営理念とはシンプルに表現すると、創業者が何のために、何をしたいと考え、人としてどうありたいと思ってこの会社をつくったのか。あるいは社員にどうあってほしいと思って会社をつくったのか、だけなのです。これを社是と呼ぶ会社もあれば、理念と呼ぶ会社もあり、綱領やWay、クレドと呼ぶところもあるだけです。

現場の能力構築を見て、企業経営者がその存続を選択すれば、その現場はとりあえず生き残る。現場が企業の経営者に選ばれる力を「裏の競争力」、商品が市場の購買者に選ばれる力を「表の競争力」と私は呼んでいる。裏表の競争力が両方ともなってはじめて、現場の長期的な生き残りが可能となり、その国にその製品を供給する生産が存続することになる。

田舎には夢がないという子供には、田舎にいても都会にいても、夢は自分でつくるものであって、夢のある場所があるわけではないと話すしかないと思います。

兄(本庄正則)のすごいところは、人の育て方でした。年齢に関係なく、能力を見て思い切って権限を委譲する。そうやって人を育ててきました。

25歳で起業したことは大きかったと思います。企業の看板に頼ることなく、自力で道を拓かなくてはならないので「やる気が出ない」などと思う余裕はゼロでした。それまでは仕事が嫌でしたが、大企業の傘の下で守られていたありがたさを知ると同時に、「やらざるを得ない」状況に追い込まれたのです。「やる気が出ない」と言っていられるのは、恵まれた状況にあるともいえるのです。

企画書などの見出しを書いたら「本当にそれで伝わるかどうか」、考えてみてください。

学校の成績が良いだけじゃせいぜい常務止まり。小さいときから塾通いしていたような人間は頭は良くて書類作成とか分かりきったことはきちっとできる。けれど、「今度ベトナムに子会社を作ったから現地トップをやってみろ」と命じてみても、頭が良いだけでは務まらない。

マジメであることは素晴らしいことだけど、それだけだと苦しくなることもある。少し力を抜いてみると、見える景色が変わるかもしれない。

何が起きても、僕はできるだけプロに徹し、どのグランプリでも必死に戦っているつもりだ。

言葉が分からなくても話しかける。相手の懐に入っていく。その勇気を持てば、語学の上達はあとからついてくる。

ページの先頭へ