フィリップ・コトラーの名言|ブランドの役割

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング理論に必ず出てくる「4つのP(製品、価格、流通、プロモーション)」を結び付けて、一体化させる要がブランドなのです。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

モスクワでも大行列ができています。やはりお客様の視線は、大きな釜の湯気や麺を打つ料理人の姿に目を奪われています。人の本能に関しては世界共通だと思いました。

我々メーカーは、商品をつくり流通させるために工場を持ち、従業員を雇用しますが、そのコストを最終的に全部負担しているのはお客様です。だからお客様に対して謙虚でなければいけません。

自分が使っている語彙を疑うことは思考を広げ、紋切り型でやり過ごしている人より発見の多い人生になる。

飲食店に入ったら客数と客単価、回転率を想定して売上げを推測してみるのもお勧めです。毎日一分でもいいから定量化を試みることで、数字への苦手意識が和らいでいくことでしょう。

私がアドバイスしているのは、プレゼン資料には「表紙を含めて、必ずビジュアルを入れるように」ということです。写真をはじめとするビジュアルなら、物事を正確に、簡単に、そして迅速に伝えられる。文章だと読む人によって解釈が異なる場合もありますが、ビジュアルであればそうしたことも防げます。また、表紙に訴求力のある写真などが入っていれば、聞く側も次のページをめくりたくなるでしょう。

今後、花王全体が成長するには、付加価値の高いビューティケアとヒューマンヘルスケアを土台とすべきです。ファブリック&ホームケアは長年の基盤事業ですが、収益性を向上させ、その利益をビューティーケア、ヒューマンヘルスケアに振り向けます。

現金をたくさん持っている会社の場合、ほかに使うところがなければ配当で払いだすのは良い選択だと思います。しかし、1日しか株を持たずに配当を要求し、受け取った瞬間に売ると、その会社は抜け殻になってしまう。株主の権利を主張して、配当を全部払い出させ、次の瞬間には株主でなくなってしまう。我々はそういう一回限りのビジネスはしません。

ページの先頭へ