フィリップ・コトラーの名言|マーケティング部門は変化を躊躇しない集団であるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング部門は顧客や市場の変化に社内の誰よりも敏感で、必要ならば躊躇することなく変化を起こす集団でなければなりません。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一橋大学の恩師である著名な経済学者の都留重人先生に「強い意志、高い志を持って、決めたことを絶対に成し遂げろ」「変化が起こったときには目的をある程度モディファイ(修正)せよ」といつも叱咤激励されました。都留先生はただ「やれ」と言いっぱなしではなく、必ずチェックし、フォローしていました。やれと言うだけなら、リーダーとして責任を果たしたことにならないのです。

兄貴(義兄の松下幸之助)は尋常小学校、俺は高等小学校(現在の中学1から2年相当)。兄貴の方が3年早く社会に出ている。この差は一生かかっても追いつけないかもしれないな。

新しい発想には、いろいろなアイデアの組み合わせが必要。

夫婦仲がよくないとお金は残りません。夫婦間にストレスがあって、それを手っ取り早く解決する方法はお金を使うことだからです。反対に、夫婦仲がいい家庭はお金を使わない傾向がありますね。家でパスタをつくって、映画でも見ていればそれだけでハッピーなんです。

「リストラされるかも」「給料が減るかも」不況の中、そんな不吉な予感が頭をかすめるという人も多いのではないでしょうか。こうした否定的な「かも」に囚われると、人はどんどん悲観的になってしまいます。そして、自分の仕事が上手くいかないことを、自分以外の誰かや環境のせいにしてしまうのです。

私が不器用だったせいもあるかもしれませんが、本当においしいものであれば変える必要なんてない。それが私の持論でもあります。

構造改革だけでなく、成長戦略も同時に練っていかなければならない。新しい事業を他社に先駆けてスタートさせるためには、思い切った先行投資をすることも大切になる。

ページの先頭へ