フィリップ・コトラーの名言|マーケティングの達人はビッグチャンスを見出す

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングのプロたちの目には、金融危機で大騒ぎになっているいまの世の中がどのように映っているでしょうか。少し前なら考えられなかったビッグチャンスがあちこちにゴロゴロと転がっている。そんな情景が見えていれば、マーケティングの達人と言っていいでしょう。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

信頼を得るには約束を全部守るしかないです。たとえば「売上が上がりますよ」と言って上がらなかったら、「なんだ、嘘ばかりじゃないか」ということになる。芸能界は、そうした小さい約束もきちんと守ることがとくに大事です。

大きな判断を誤れば簡単に会社力破綻する時代です。かといって怖がって何もしなければ会社がジリ貧になっていくだけです。同じことを続けていくだけではリーダーとは呼べないでしょう。

我々は後発ですから、ビジネスモデルで大企業との違いを明確化したことで、ここまで来ることができました。

謙虚であることが美徳とは、私は全然思わない。ただし、常識は必要です。私の言う常識とは、礼儀や配慮のことです。たとえば、学生が大勢いるのに、講師の先生を一人独占して、質問攻めにするのは配慮に欠ける行為です。こうした学生も私は叱ります。ビジネスパーソンにとって、野心と常識の両方が求められるというのが私の持論です。

終了時刻も明確にしよう。日本人は開始時刻は厳格に守るのに、終了時刻には驚くほどルーズ。この点に戸惑う外国のビジネスパーソンは多い。

数字とは「ものごとを正確に理解するための手段」であると私は考えています。日本人は良くも悪くも、曖昧に物事を理解する傾向があり、あうんの呼吸を大切にします。しかし、バックグラウンドが違う人には通じません。すると、数字で表現することが重要になってきます。

誰かに迷惑をかけたとしても、結果を出すことに最善を尽くす。最後にいい結果を共有できれば、必ず人はついてきてくれる。

やるべき仕事に集中し、そのほかのことを割り切れば、あまり疲れなくなる。そうして必要な仕事にだけエネルギーを注げば、早く帰れるはず。

消費は、かつてのような楽しみではなくて効率が大事になっている。

人生の節目、節目に誰と出逢うかが人生の質を決める。

ページの先頭へ