フィリップ・コトラーの名言|販促予算大幅カット時にマーケティング専門家がとるべき行動

このエントリーをはてなブックマークに追加

景気後退時には販促予算が大幅に削られるのが普通です。しかし、削るだけなら誰にでもできます。マーケティングの専門家なら、人々の心に響くような強いメッセージを効率的、効果的に伝えられているかという視点から検証するのです。無駄がある部分は思い切って削り、何で置き換えていくのかまで考えるのです。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

実家の酒屋ののれん分けがヒントになりました。美容業界では顧客を奪って独立するなどのトラブルが少なくありません。愛と憎しみに終止符を打ち、皆がハッピーになって欲しいと思いました。
【覚え書き|自社の「のれん分け型フランチャイズ方式」について】

東南アジアのカリスマ経営者がこう言っていました。ある国に入り込んでいってビジネスを成功させるには、自分の会社の利益は後回しにして、まずは相手に利益を与えることだそうです。相手が先で、自分が後と。

学習のために景色の良い場所やお気に入りのカフェなど快適な環境に移ってみる、というのも良い方法なのではないでしょうか。「学習は気持ちいいものだ」と、「快」の感情と結びつけられれば、継続できるはずです。

具体的な数値の裏づけもないまま、漫然と問題点だけを報告する人って割と多いんです。時間節約のためにも、適切な数表を作成することは、資料作りの第一歩です。

歳をとると、家庭菜園とか盆栽とか、じっとみてる趣味が多くなるけど、それじゃ駄目。歳とるほど無謀なことをした方がいいんだ。

比べる対象は、他人ではなく、過去の自分にしましょう。去年できなかったことが今年はできる、といった自分自身の変化や進歩に目を向けるのです。それが、すなわち「成長できた」という実感です。その喜びを感じることで意欲が湧いてくるのです。

私がイトーヨーカ堂の衣料部門の立て直しを頼まれたときのことです。まずネクタイの一新を図りました。一年半後、売上はV字回復ですよ。平均単価も、百貨店レベルとはいきませんがかなり上がりました。商品単価が上がって売上も伸びた。商品は、価格ではない。

ページの先頭へ