フィリップ・コトラーの名言|マーケティング部門の役割の変化

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてマーケティング部門は製品やサービスの情報を顧客に伝えるコミュニケーションが主な役割でした。現在では製造開発、販売など社内のほかの部門、納入業者や卸売業者などの取引先、そして顧客と密接に連携していくための中核的な役割を担っています。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若い経営者から相談を受けたとき、ビジネスがフローなのか、ストックなのかを確認し、100%フローであればどんな形でもいいからストック型に変えたほうがいいとアドバイスしています。そうしないと不測の事態が起こったときに対応できませんからね。

データを解析した結果資料は、グラフなどのビジュアルだけでなく、文章で補足することも忘れてはいけません。資料は自分の手を離れて一人歩きすることがあります。そうなると口頭で説明できないので、数字が指し示す意味について、きちんと資料に盛り込んでおく必要があります。文章化すると、説明するほうも資料を読むほうもごまかしがきかなくなります。分析同様、資料作りにもしっかりと時間をかけてください。

潰れるなら、俺は日立造船と一緒に沈む。育ててもらった会社に恩返しをする。

どんな事業でも人材のミスマッチが発生していては成功はおぼつきません。そのため各部門の戦略にあった人材を見つけ適切に配置する必要があります。このように考えるとトップに必須の能力は、人を評価するときに偏見を持たずに判断を下せる「人材評価力」だといえましょう。

組織に属さないことでこれだけ大きなことができるっていうのを、身を持って示したい。大学で教えることはすごく大事だと思いますが、同じエネルギーがあったら、僕はネットの向こうにいる不特定多数に向かって、自分が考えていることを語りつづけたい。

手帳とは、言ってみれば「ソフトウエアが定義されていないハードウエア」です。「時間軸」というゆるいOSが入っているので、スケジュール帳として予定を管理したり、TODOを管理したりするのに適していますし、日記帳やライフログとしても使えます。とはいえ、どこに何を書き込むかは自由だし、線を引いたり、チェックボックスを作ったりと、自分なりにカスタマイズもできる。それが手帳という情報ツールの特徴です。

目先の契約だけでなく、地に足のついた長期的なパートナーシップを望んでいることなども好印象を与えます。それにプラスして、取引先から見た顧客の最近の動向に目を配り、ニーズを先読みした提案が盛り込まれていれば、なお一層、積極性を伝えることができます。

ページの先頭へ