フィリップ・コトラーの名言|良いブランドは変えない

このエントリーをはてなブックマークに追加

良いブランドだと信じるなら安易に変えてはいけません。良いブランドはある種の厳格さをもって社内外の圧力から守られなければなりません。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

この民主主義の世の中では財界人であろうが誰であろうが、みんな政治に対して発言権を持っている筈だ。政治に対して意見をいう権利があるのだ。意見を云って何が悪い。政治に干渉するのはけしからんと怒るのは、戦前軍部が統帥権に干渉したと怒ったのと少々は似ていないか。

現代社会に生きていると、身体を動かさなくても生きていけると思いがちですが、人間の身体は使うことで機能を維持するようにできています。疲れない身体をつくるには、まずは人間本来の身体の使い方を思い出し、意識的に身体を動かす生活を始めることが大切だと思います。

お客さまからの絶対的な信頼と技術力が、当社の最大の強み。

見栄を張って、わからないのにわかった振りをしたりしても、どうせ見透かされる。部下に頼るべきところは頼ったほうがいい。

眠りを考えることは、短期決戦用の「戦術」ではなく、何十年も続くビジネスマン生活全体で高いパフォーマンスを出すための「戦略」。

企画の内容ももちろんありますが、やはり人です。チームのやる気と熱意です。

なぜ当社は、他社のサービス等を短期間で習得し、いっせいに導入できるのかについて考えてみたところ、ひとつの結論に達しました。それは、会社全体に一体感があって、何かに取り組むとき、皆が一丸となって努力してくれるからだと分かったのです。要は「マンパワー」ということです。

ページの先頭へ