フィリップ・コトラーの名言|ブランドはマーケティング活動を結びつける接着剤

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、ブランドとはマーケティングの部分集合だと位置付けています。マーケティングは市場、すなわち顧客と向き合うことそのものです。ブランドはそのための道具なのです。マーケティング活動のあらゆる要素を結び付ける接着剤といえば、イメージが湧いてくるでしょうか。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ぜひ考えることを面白がってほしい。私自身、この仕事で一番楽しいのは、「○年前に予想したことが、最近になって現実になったよなぁ」と思う瞬間です。

買収企業の再生をする際、まず手っ取り早いのが余剰人員の削減でしょう。会社を適正な規模に縮小して、再スタートを切れば身軽になる。ただ、私はこの手法は使いません。なぜなら、残った人員も士気が低下し、結果的に再成長に向けて前向きに仕事に取り組めなくなるからです。だから、人員削減はしません。その代わり、共通費用を徹底的に削減します。経理などのシステムをアイリスと共通化させれば6%近い経費削減が可能になります。ほかにも、金融機関からの借入金をアイリスが負担すれば金利負担を大きく減らすことができる。共通費用を削減することで、さらに人員に余剰が出てきます。こういった余剰人員には売上を作る仕事にシフトしてもらいます。

稼ぐ人は言い訳をしません。失敗も挫折もすべて自分の責任と受け止め、それを乗り越えるべく努力します。また、失敗の原因を分析して、次に生かすことを考えます。だからどんどん成長し、ますます稼ぐ人になっていくのです。

実力の差などいろいろと考えられますが、一番の敗因は、相手の「勝ちたい」という気持ちが私より上回っていたこと。五輪の決勝という世界最高峰の舞台において、最後はメンタルの差が勝敗を分けた。

【覚え書き|リオデジャネイロ五輪で金メダルを逃したことについて】

「お客様が第一、自分たちは二の次」といった姿勢は、21世紀にそぐわない。お客様がいま求めているのは、スタッフの心からの笑顔です。心からの笑顔は、滅私奉公の考え方では生まれません。スタッフ自信が精神的に充実していることが求められます。会社はそのために、全面的にバックアップすべきです。

日本でのナンバー1に安住することなく、アジアナンバー1を目指します。

流れに身を任せたい人もいますが、他人のつくったペースにずっと合わせ続けるのは、結構疲れるんじゃないかと思うんです。ある日突然、会社に出てくるのが嫌になる人がいますが、自分のペースがつくれなくなったときに、そういう精神状態に陥りやすいのではないでしょうか。

米国本社に対する透明性を高めるため、全員で取り組んだのが日常の活動状況やその結果のレポート、活動のレビューなどを手短にまとめて積極的に本社に報告することです。この結果、米国本社が日本市場の重要性を認識し、これまで以上に強力な支援を受けられるようになりました。

上司の出す指示は、「この資料やっておいて」といった曖昧な表現が多いものです。ところが多くの人は、曖昧な部分をそのままにして、作業にとりかかってしまう。その結果、上司が求めてもいないことを、勝手に「やらなくてはいけないこと」と推測し、余計な仕事を増やしているのです。曖昧な指示を出されたら、まず確認すべきは「いつまでに」という期限です。さらに、「どんな体裁がいいのか」「どの程度の詳細なデータが欲しいのか」といったことを具体的に聞きだすのです。

ジャパネットのお客様は偶然番組を見て、私たちを信用してその場で購入を決める。その方たちに対して満足行かない商品を届け始めることこそ、当社の最大のリスクだと思っています。

ページの先頭へ