フィリップ・コトラーの名言|マーケティングは時代と共に進化する

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングは時代とともに進化を続けています。とくに、マーケティングの中における「ブランド」の位置づけは激変したと言っていいでしょう。私が『マーケティング・マネジメント』という教科書の第一版を書いたのは1967年のことですが、そのときにブランド論に割いたのはたったの2ページでした。「ブランドとは何か」について定義しただけです。正直なところ、ブランドが今日のように重要な要素になるとは想像すらしていませんでした。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンビニは表看板として置いておきますが、実態としては物流や卸業務を積極化していきます。一番収益が上がるのはメーカー機能の部分です。みんながコンビニだと思っているうちに、気がついたらもうコンビニでなくなってしまっている、というのが当社の今後の姿。現在、会社は大きく戦略転換する時期に来ています。

人を用いるには、すべからくその長ずる所を取るべし。人それぞれに長ずる所あり、何事も一人に備わらんことを求むることなかれ。
【覚え書き|万能の人を求めるより、部下の長所を組み合わせて活用しろという発言】

大企業では、9割くらいまで成功する確率が高まらないとゴーサインを出さない経営者もいます。しかしそれでは決断が遅くなり、チャンスを逃してしまいます。確率が高まるまで議論や調査を重ねることは、他社にチャンスを讓っているようなものです。

独身時代と、結婚して子供が生まれるまでの時期は「貯蓄の黄金期」。

1年後の自分をイメージすることによって、いまの自分には何が足りないのか、どういうスキルを持てばイメージ通りの自分になれるかがわかってきます。ところがほとんどの人は、目先の仕事に追い回されているだけで、未来を見つめていません。しかしこの手本がない時代だからこそ、1年先、半年先の自分を明確にイメージしていないと時代の荒波にのまれてしまいます。それほど、状況の変化が激しい時代なのです。

外国語は長文や会話の中で、その状況を含めて丸ごと覚えるといいでしょう。昔からよく言われることですが、「習うより慣れろ」が一番です。

営業マンや訪問介護のヘルパーが訪問先でスマホにしゃべるだけで業務日報の入力ができるシステムも開発しており、池田泉州銀行でも使われている。我々の強みのひとつは高い認識精度に加え、こうした「業界特有の専門用語」にも柔軟に対応できる点だ。

ページの先頭へ