フィリップ・コトラーの名言|現代マーケティングの醍醐味

このエントリーをはてなブックマークに追加

選択肢はいくらでもある過剰生産の経済において、ひとつの製品を際立たせ、新しい意味と名前を与え、消費者の欲しいという気持ちに火をつける。これが現代マーケティングの醍醐味なのです。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やりたいことのひとつが、日本のフィットネス産業で働くインストラクターの教育です。日本のインストラクターは、就職したあとにあまり勉強しないんです。でも新しいメソッドや考え方は続々と生まれているので、それをキャッチしてセミナーを実施したり、実際にトレーナーを養成したりすることもできると考えています。

光(日の出)によって人が自然に目覚めるようになっているのは、やはり外敵に襲われないようにとの本能ゆえ。太陽が地平線から出てからではなく、むしろ出る前、東の空が白んでくる頃の光が脳の体内時計のスイッチを入れるのです。さあ、朝だ、起きるぞと体のほうから目覚め始めるのです。

世界中の著名な経営者には、直接か、知人の一人を介せば連絡を取れる。

暴走を止めるには、最悪の場合を想定し、ハイリスクの金融商品に投資する上限額を、事前に決めておくこと。「事前に」というのがポイントです。少しうまくいき始めると誰でも、「もうちょっと投資額を増やしても大丈夫では」などと考え始めます。そうやって落とし穴にはまる。冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事です。

会社人は価値観が会社中心で、組織への忠誠度が高いほど評価されると考えています。だから60歳を迎えると、「今まで会社に貢献したのだから、あとの5年間はご褒美みたいなものだろう」と勘違いをして、ただ会社に居座るだけの人材になってしまいます。しかし、成果を出さない社員を雇い続けるほどの余裕がある企業はほとんどありません。会社が期待する役割を果たせない高齢者は、当然評価されず、雇用継続も危うくなる可能性があります。

「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が能力の限界を超えた力を引き出す、大きな動機づけとなった。何か特別なことに関わることは、自分が変われるということだから。

「これからはしっかり確認する」「ダブルチェック、トリプルチェックでミスを防ぐ」といった再発防止策を立てる人がよくいますが、これは「仕組み」とは言えません。チェックの数を増やしても、形ばかりのものになりやすく、同じミスを繰り返しやすいからです。「なぜミスをしてしまったか」を深掘りし、「本当の原因」を特定して、「どの段階で」「誰が」「何を」すればミスを防げるか、突き詰めて考える。こうした経験を繰り返すと、次第に思考のプロセスが変化する。一段上のレベルの仕事がこなせるようになります。

ページの先頭へ