フィリップ・コトラーの名言|マーケティング部門は他の部門と連携する

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング部門が孤軍奮闘するだけでは何も変えることはできません。経営トップはもちろん、財務、法務、会計、販売、製造、技術といった各部門が、マーケティングとは何なのか、ブランドとは何なのかということをしっかり理解しておくことが必要です。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

単純に商品が良いだけでは売れません。我々が何を目指しているかを理解していただいて初めて商品が売れると考えています。

プロ野球で強いチームをつくるには、支配下選手と呼ばれる70人のポートフォリオをいかに最適化できるかにかかっています。今のポートフォリオのどこに課題があるのかを見つけ、それを解決することからまず始めました。

「ソーシャルプレッシャー」という言葉があります。「自分もできるかもしれない」「自分も変わらなきゃいけないのでは」などと自らの行動を変容させるきっかけとなる、他人からの影響のことです。人は、お金などの「パーソナルインセンティブ」によって動くと思われがちですが、実際にはソーシャルプレッシャーの影響をより受けやすいと言われています。

僕が思うに、努力はしたいからするのではなく、あくまでも結果だと思います。どうやって生きていくのか、それを深く考えるから、目標ができたときにそれが自分への強いコミットメントを生み、結果的に努力するようになります。

プレゼンでは、まずは伝えたいと思うことがあるのが大事。語学やスキルの前に、伝えたいことを見つけ、外で発信する勇気を持とう。

日本の車メーカーは新型車をデザインする際、実物大模型を粘土でつくります。盛ったり削ったり、修正しやすいからです。ところがイタリアだけはエポキシ樹脂でできた「エポウッド」という硬い素材を、ノミやカンナで削って模型を作るんです。やり直しが利かない真剣勝負で、まるで彫刻を彫るように模型を削っていく。こうした職人の力量の高さもウォンツを生む要因かもしれません。

スタートはまず、モノを売ってくれている人、生産拠点の人に敬意を表することです。こういう人たちの汗があって初めて、我々はR&D(研究開発)という将来のための活動ができるのです。

ページの先頭へ