桜井正光の名言|社内に外からのプレッシャーを

お客様や社会の新たなニーズへの対応において、競合他社に後れをとっていることがわかれば、社内に危機感が広がります。そうすると社員たちも経営改革に積極的に取り組むようになります。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

土地を仕入れた人に全権を委ね、企画から販売までを任せています。彼らが社内のスペシャリストを縦横斜めに連携しながら進めますから、組織はいわば球体です。私自身の役割は、ツボを刺激することです。必要に応じてコアにいたり、表面に出たりします。すべてを内製化することで、クオリティとコンプライアンスが維持できるんです。

日々、これがしたい、というのはありますけれど、もともと、大きな目標は作らないんです。その日その日を大切に、まじめに、臨んでいきたいです。

成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。

最も重要なのはジョンソン・エンド・ジョンソンのクレドには、働くことはどういうことかという問いに対する答えも含まれています。それは「必ずミッションを持つ」ということ。しかも、その優先順位も「企業は顧客、社員、地域社会、株主に対して責任を持たなければならない」としっかり明記されています。

定年の必要は実際のところ、年老いたということではない。おもな理由は、若者たちに道をあけなければならないということにある。

イノベーションは新たなニーズの発見と、ぜひともこれに応えたい、そのために日々力を尽くし、何度挫折しても挑戦し続ける歩みの先に生まれるもの。

思考のクセを知るにはセルフトークノートをつけること。その日あった様々な出来事と、それに対して自分がどう感じたかを率直に書く。私自身、以前は本当の意味での感謝などほとんどできていない人間でした。むしろメダル獲得後、もっと自分は注目されていいのにと、不平不満が募っていたのです。セルフトークノートをつけ、後から読み返して、バカじゃないのと思えるくらい、自分の思考が偏っているのを感じましたそこから少しずつ、思考のクセに気づき、直していきました。

いつもなんとなくイライラしている人は、デスクの上、ペン立ての中、バッグの中など、身の回りを少し片づけましょう。イライラしている人の多くは忙しいものです。仕事の忙しさ以上に忙しく、常に「~させられている」という被害者意識に駆られています。そういうときに、自分が主体的に何かを整える行為をすると、その思いが少し軽くなるのを実感できるでしょう。

全く同じ仕事をしている人は、1人もいない。しかも、評価する側も人間。その前提を考えれば、公平な評価を期待すること自体が不毛です。

電材は法規制に縛られた世界で、技術力などで差別化はしにくい。その代わり、品揃えを充実させることで勝負しています。多くはほとんど売れない商品で、年間数個しか数が出ないものすらある。しかし積み上げたラインアップがあるからこそ、顧客は当社を選んでくれるし、他社に同じことは出来ない。

ページの先頭へ