桜井正光の名言|社内に外からのプレッシャーを

お客様や社会の新たなニーズへの対応において、競合他社に後れをとっていることがわかれば、社内に危機感が広がります。そうすると社員たちも経営改革に積極的に取り組むようになります。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司に信頼され良好な関係を築くことは、自分のチームの業績を高める有効な手段の一つ。

地味な作業に取り組む姿勢こそが、やりたい仕事を呼び込むためのカギです。私の経験では、地味な仕事を「面白い」「やりがいがある」と思って取り組んでいると、逆にやりたい仕事がごく自然に集まってきます。

先行きを心配しても仕方がない。折々に判断を下すときに、私は人間が本来持っている「野性の勘」を大切にしたいと思っています。

父が早くに亡くなり、母が子供5人を抱えて働いました。貧乏暮らしだったことに加えて、私は17歳で結核にかかり、3年間病院で寝ていた。逆境にいたから人の痛みはよくわかります。社員たちの態度がすぐに変わらなくても、自分が相手に対して愛情を示し続けていればいいと思っていました。

アイデアをウェブやアプリという形で具体化、事業化できる、これがITの面白さ。当社はそこに使い勝手の良さと見た目の美しさを常に考慮にいれています。

ロボットやインバーターは20年ぐらいかけて世界トップクラスのシェアを獲得しました。時には10年ぐらい赤字になってでも、根気よく続ける覚悟が必要。

企業理念をきちんと使うと業績が上がります。理念が業績に及ぼす影響を数字で示したものがあります。20年間における経常利益率の増加をみるとき、企業理念のある会社は7.8倍に増え、企業理念のない会社は3.6倍にとどまっています。優れた企業理念は、確実に収益につながるのです。

これまで多くの経営者にお会いしましたが、会社を本当に愛している経営者は、実は少ないもの。

ビジネスチャンスを目的とするのもいいけれど、人の役に立ちたいという自分の中から湧き上がってくる力によって自ら動いて、目的を果たすということも、とても大事。

日本人はいつもあとから参入して、やがて先頭に立つ。

ページの先頭へ