マキャベリの名言|運50%、自分で変えられること50%

運命は我々の行為の半分を支配し、後の半分を我々自身にゆだねている。

マキャベリ(マキャヴェッリ) の経歴

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他の会社さんから提案が来たら、お会いするようにはしています。ただ、「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」には「約束3原則」というのがありまして、それを基に動くようにしています。(1)できるだけ約束をする、(2)できる約束だけをして、守る、(3)守れなかったら全力で謝る、です。これにおまけとして、「頼まれたことは、こちらからお願いしてでもしたいことかどうか、1日置いて考える」がつきます。ですから、企業からのお誘いも、こちらがお願いしてでもぜひやりたいことかどうか、よく考えて返事をします。

やりたい奴に機会を与えるほうが大事。そこから成功例が3つぐらい出てくれば自分もできるんじゃないかと思う人間がたくさん出てくる。

当社が情報通信大手などライバルと違うのは、直販であり、直サービスということ。お客様とダイレクトに接しお客様ごとの業務フローを理解している。それだけに、困っていることへの解決業務はやりやすい。

若いうちはお金に対するリテラシーを持ちつつ、自分株式会社としての意識を持ち、信頼残高をためなさいと言いたいですね。信頼残高がたまると自然にお金の残高も増えてくる。

私の父がいつも言っていたのは、「人様に迷惑をかけなければどんな商売をやってもいい。でも、やるからには全国一を目指せ!」ということでした。そう教わってきた私にとって、人生は日本一になるためのゲームのようなものです。雑誌などの取材で「つらかったことは何ですか?」とよく質問されるんですが、つらいと思ったことは一度もありません。

僕は何か課題を与えられると、これを期限までにやり遂げるには、何をどの順番でやらなければいけないかをまず考えるということを、十代のころからやっていました。その結果、いまではどんなに複雑に絡み合ったものごとでも、どうやれば整理できるかがわかるようになったのです。

莫大な売り上げを誇るアメリカのスーパーマーケット・チェーン「ウォルマート」の創業者サム・ウォルトンの言葉に「Think Small !」というのがある。小さく考えよということである。サム・ウォルトンのその言葉は、企業が大きくなればなるほど、偉大なことを成し遂げようとすればするほど、小さな単位で考えて判断し、即座に改善行動をとることがカギだといっている。小さく考えられる会社こそ大きくなれる。

「諦める」という感情は、エリート街道を走ってきたり、「抜かれる」立場になったりした人に表れやすいと思います。トップだからこそ抱く不安や恐怖は、ライバルとなるチームメートを過剰に意識させます。自分を客観視できなくなり、満足する結果が出せなければ、「諦める」「やめたい」という負の感情に支配されるようになる。

いまを一生懸命生きれば、すぐ先の未来は変わる。だから、常にいまの自分を更新し続ける。ずっとそうして生きてきました。

会社から与えられた目標ではなく、自分の目標を作ることを肝に銘じました。そして目標実行計画を立て、周囲に「必ず達成します!」と宣言。そうすると心理学の法則である一貫性の原理が働きます。さらに金額の多寡にこだわらず毎月契約を取ることを意識して、勝ちグセをつけるようにしました。

ページの先頭へ