ウィリアム・ウェルドンの名言|顧客の近くで耳を傾けなければ必要とされる製品はつくれない

顧客である患者の近くにいて、その声に耳を傾けなければ、彼らが必要としている製品をつくりだすことはできません。

ウィリアム・ウェルドン の経歴

ウィリアム・ウェルドン。アメリカの経営者。ジョンソン・エンド・ジョンソン会長。ニューヨーク州出身。クインニピアック大学卒業後、米ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社。グループ企業のエチコン エンドサージェリー社長、本社医薬品グループの会長、本社副社長などを経たのち会長兼CEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本能から脱して、仕事を溜め込まないようにするにはどうすればいいのか。まず、経験を通じて学習することです。自分の失敗体験をフィードバックし、次へ活かす。そして、知識を持つこと。人が持っているバイアスを自覚するだけでも、非合理な行動を減らせるでしょう。

小さな企業でも助け合うことで大きなことを達成し、素晴らしい未来に貢献できる。

すべてに対して「無理かも」と思わない。その代わり、「何ができるか」を考え、実行する。必要なのは、どうしたら可能になるかを考えることと、それに伴う「行動」、ただそれだけだ。その確信は今も変わっていない。

上司からは、常に現場に行き、出てきた数字の背景にあるものを確認することを教わりました。ただ数字を見るだけでなく、現場におもむくことで信用を得て、相談を受けるようになることが大事だと。その経験は社長になったいまも、かけがえのない財産として生きています。

私たちは人生の中で経験したことを、何もかも覚えていられるわけではない。むしろほとんど忘れてしまっていいのである。そうでなければ、後悔や迷いが頭から離れることがないだろう。ある出来事があって、そこから何かを学んだなら、起きたことは忘れてしまおう。

経営にゴールなど存在しません。ですから、どこかの時点で区切って「成功した」とも、逆に「失敗した」とも言えないということになります。ある時期非常に大きな利益を出して、まるで成功しているかのように見えていたとしても、わずか数年後に赤字に転落してしまう企業はいくらでもあります。もちろんその反対もあります。運動会のリレー競技で、まだだれもゴールしていないうちから勝ったとか負けたとか言うのがナンセンスなのと同じです。

人を理解しようと思えば、その人の対人関係のパターンを観察すれば早道です。よくその人の考えていることをもとに人間理解を進めようとすることがありますが、考え(思考)よりも対人関係(行動)のほうがその人の本質を表しています。

ビジネスマンとしての価値が高いということは、初心者がちょっとやそっと勉強したぐらいでは追いつけない膨大な経験と知識を持ち合わせていることにほかならない。

リーダーという立場なので私がイライラしていると周りにも影響がある。プレッシャーの強い仕事なので、基本的にいつも楽しくしていよう、話しかけやすいようにしようと心がけています。

多くの経験をしたからこそ、今の成長につながった。

ページの先頭へ